無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代のクレジットカード債務は前年比30%増…他の世代の3倍の早さで増加中

Credit card consolidation can be a strategic move to pay off credit card debt and pay less in interest over time.

クレジットカードの統合は、クレジットカードの負債を返済し、長期的に利息を少なくするための有効な手段だ。

Wera Rodsawang/Getty

  • インフレが進む中、Z世代はクレジットカードの支払いに苦労している。
  • VantageScoreのデータによると、1年前と比べ、若年層のクレジットカードの支払い残高は30%増加したという。
  • クレジットスコアの評価が低い消費者もクレジットカードの支払い残高は25%近く増加している。

若い人々のクレジットカードの請求書にインフレの影響が出始めている。

クレジットスコア会社のVantageScoreによると、Z世代(1997年から2012年に生まれた世代)の若者は、2022年の第2四半期(4-6月)においてクレジットカードの支払い残高が1年前と比べて30%増加し、それ以外の人たちでは11%増加したという。VantageScoreのデータは、アメリカ国内の1250万件のクレジットファイルから無作為に抽出されたものだ。

また、クレジットスコアが660未満と低い人では、クレジットカードの支払い残高は25%近く増加し、他の人々の2倍以上だ。ミレニアル世代でも、過去1年間で支払い残高が22%も増えているという。

インフレによってガソリンや食料などの日用品の価格が上昇しているため、若い層や低所得層の消費者はパンデミック初期よりもクレジットカードやその他の請求書の支払いに苦労している。

「パンデミック期は、景気刺激策の給付金や貯蓄、学生ローン返済の一時停止によって、消費者はある程度余裕があったため、借金を返済することができた」とVantageScoreのCEO兼社長、シルビオ・タバレス(Silvio Tavares)はInsiderに語っている。

VantageScoreによると、カードローンを30日間延滞する人の割合はパンデミック前と比べるとまだ低いが、Z世代とミレニアル世代では増加傾向にあるという。

ロイター通信(Reuters)が報じたところによると、信用調査会社のTransUnionは、2023年の第1四半期(1-3月)にクレジットカードの延滞率は8.4%に達すると予想している。

「これは重大なことが起こるという意味ではない」とタバレスは言う。

「ただ、この傾向が続くのか、他の世代にも広がっていくかを監視する必要がある」

「一部のアメリカ人は旅行や食事にお金をかける一方で、クレジットカードによる負債を返済していない」と彼はロイターに話している

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み