無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


グーグルのピチャイCEO、同社の生産性は「十分なレベルにない」…人事担当者はレイオフを否定

2016年にカリフォルニアで開催されたグーグルのイベントで講演するサンダー・ピチャイCEO。

2016年にカリフォルニアで開催されたグーグルのイベントで講演するサンダー・ピチャイCEO。

Justin Sullivan/Getty Images

  • CNBCによると、グーグルのサンダー・ピチャイCEOは同社の生産性に懸念を示したという。
  • ピチャイCEOは従業員に対し、生産性と集中力が必要なレベルに達していないと述べたという。
  • 彼は全員参加の会議でその意見を述べた。

グーグル(Google)は生産性と集中力を向上させる必要があると、同社のサンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)が全社員が出席する会議で語ったという。このニュースはCNBCが報じた。

ここ数カ月、テック業界を覆っているレイオフの波について、会議に出席した従業員が懸念を示したとCNBCは伝えている。

グーグルにコメントを求めたが、回答は得られていない。

ピチャイCEOは、2022年8月2日に行われた会議で従業員にこう語ったという。

「我々の生産性が全体として、我々の人員に対して十分なレベルにないという懸念がある。決算の背景を説明し、皆さんの協力を仰ぎたいのだ」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み