無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NASA、ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が捉えた「車輪銀河」の高精細画像を公開

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えた、地球から約5億光年の距離にある「車輪銀河」。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えた、地球から約5億光年の距離にある「車輪銀河」。

NASA, ESA, CSA, STScI and Webb ERO Production Team

  • アメリカ航空宇宙局と欧州宇宙機関は、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が捉えた「車輪銀河」の最新画像を公開した。
  • 「車輪銀河」は5億光年の彼方、ちょうこくしつ座(彫刻室座)にある環状銀河だ。
  • JWSTの赤外線カメラは、ハッブル宇宙望遠鏡では観測が難しかったこの銀河の細部を捉えた。

アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)は、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)がこれまでにない鮮明さで捉えた「車輪銀河(Cartwheel galaxy)」の画像を2022年8月2日に公開した。

この銀河は、大きな渦巻き銀河と小さな渦巻き銀河が衝突してできた珍しい環状銀河で、明るい内側のリングと衝突の中心部から外側に向かって波打つように広がるカラフルな外側のリングの2つがあり、まるで車輪のような形をしている。

外側のリングは、約4億4000万年前から膨張を続けており、周囲のガスにぶつかると星が形成される。

上の写真には塵でできた赤い渦の中に青い点が写っており、そこが星が形成されている領域だ。車輪銀河の左側には2つの伴銀河も写っている。

車輪銀河は「衝突する前は天の川銀河のような普通の銀河だった」と推定されており、今後とも形や構造が変化していくだろうとNASAはプレスリリースで述べている。またこの最新画像は、星の形成や銀河の中心にあるブラックホールについての詳細や、銀河が何十億年もかけてどのように進化してきたかを明らかにするものだ、とも述べている。

いずれも「車輪銀河」の画像。左がハッブル宇宙望遠鏡、右がジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したもの。

いずれも「車輪銀河」の画像。左がハッブル宇宙望遠鏡、右がジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が撮影したもの。

NASA, ESA, CSA, STScI, Hubble

車輪銀河が最終的にどのような形になるのかについては、まだよく分かっていない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み