無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界一高い木「ハイペリオン」の周辺は現在立ち入り禁止…オーバーツーリズムによる自然破壊を防止するために

2022年、カリフォルニア州オークランドにあるレッドウッドの木。

カリフォルニア州オークランドにあるレッドウッドの木。2022年撮影。

Gado/Getty Images

  • 「ハイペリオン」とは、カリフォルニア州北部にある高さ116メートルのセコイアの木のことだ。
  • この木は2006年に「発見」されて以来、ハイキング愛好家たちの目的地になっていた。
  • 現在では、あまりにも多くの人が訪れ、危害を加えられる可能性があるため、立ち入り禁止になっている。

もうこの秘境には行くことができない。

2006年、カリフォルニア州北部のレッドウッド国立公園で、世界一高い木が「発見」された。ちょうどその頃、ソーシャルメディアによる観光ブームが巻き起こり、多くの冒険家たちがこの木に引き付けられ、どうしてもこの木の写真を撮影して投稿したいと考えるようになった。

問題は、「ハイペリオン」と名付けられたこの木には公園の公式なトレイルからアクセスできないことだった。つまり、インスタ映えする写真を求める人は、かつてアマゾンを発見した探検家が行ったような、深い森の中を切り開く「ブッシュワック」を強いられることになる

言い換えれば、我々はそこにいるべきではないということだ。

そして今、これまであまりにも多くの人が訪れたことによる影響が積み重なり、周辺地域は大混乱に陥っている。ハイペリオン周辺の土壌が劣化し、踏みつけられたせいでシダが生えなくなったとSFGate.comが2022年7月30日に報じている

さらに悪いことに「ゴミが散乱し、用を足すためにさらなる脇道が作られている。使用済みのトイレットペーパーや排泄物が放置されている状態だ」と公園の自然資源担当チーフのレオネル・アルゲーロ(Leonel Arguello)はSFGateに述べている。

「良いことではないし、見て気持ちのいい光景ではない」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み