無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メタはヤフーと同じ顛末をたどるのか…メタバースへの戦略変更で投資家や社員が懸念する「再起不能」

ヤフーとメタ

Howard Kingsnorth/Getty Images; Yahoo; Meta; Rachel Mendelson/Insider

マーク・ザッカーバーグがこの先成功するか分からないメタバースに社運を賭けるなか、メタが苦境に陥っている。同社をめぐる混乱はヤフーを思い起こさせるものがある。かつて最大のインターネット企業と呼ばれたヤフーは同様の危機の中でつまずき、再起不能となった。

「メタがかつてのヤフーのような危機に陥っているのではと考えるのももっともです」と、メタ幹部と緊密に仕事をしてきたテック業界のあるベテランは言う。過去10年のような権勢を同社が振るえなくなる可能性もあるという。

ヤフーとの符合

1990年代末から2000年代にかけては、インターネット検索といえばヤフーだった。しかし、ライバルの出現、デジタル広告の変化への対応の遅れ、ウェブ2.0の登場によって凋落した。

現在メタは、TikTokの登場(メタにとっては初めて出くわす真のライバルだ)、デジタル広告における新たなプライバシーポリシーによる打撃、Web3関連のスタートアップやテクノロジーの爆発的増加、といった課題に直面している。

メタがメタバースへと舵を切った動機は、主にこうした新たな課題による。メタによれば、メタバースはデジタル商品とバーチャル体験の新たな市場を創出できる可能性を秘めたデジタルリアリティなのだという。ザッカーバーグは同社の事業が頭打ちになりつつあるという恐れからこの方向転換を決めたのだ、と最近メタを退職した元幹部社員は漏らす。

その恐れも気のせいというわけではなさそうだ。メタが発表した2022年第2四半期の収益は1%減となり、上場後初の減少となった。

他社のプラットフォームが台頭するなか、広告主は同社への支出の削減を検討するようになったが、これも同社にとって初めてのことだ。広告主がメタバース構想に魅力を感じてメタのプラットフォームへの支出を増やすということは起こっていない。それどころか、メタはザッカーバーグが言うところの史上最大級に「困難な時期」に直面しており、支出削減と採用の抑制に追われている。

現社員・元社員合計10人に取材したところ、メタ内部のスタッフは、この新たな賭けが事業の改善につながらないのではないかと懸念している。同社の中でも収益性の高い部門に所属しているスタッフも、2021年10月に社名がメタからメタに変更されて以降、会社の方向性は混乱しているという。

「メタバースに関して発表されたものの中で、実際に見たり触ったりできるものはまだあまりありません。使えるものに至ってはさらに少ないですからね」(元社員)

「失敗は許されない」

ザッカーバーグがメタバースへと舵を切ったことで、メタは今後、メタバースへの参加に必要なハードウェアやOSを手掛ける可能性がある。しかし、その可能性があったとしても先のことだし、実現するには高くつく。

メタは2021年、メタバースに100億ドル(約1兆3400億円、1ドル=134円換算)を費やした。メタといえどもこれは大金だ。また、現時点ではメタバースは基本的に空っぽで、ユーザーは少なく、そこでできることはさらに少ない。ザッカーバーグは、メタバースは長期戦略であり、開発が完了するのに少なくとも10年はかかると言っている。

「メタは、メタバース構想を実現し、同分野の主要なプレイヤーになる勇気、資本、能力を備えています。しかし失敗は許されません」と前出の業界のベテランは言う。

一方、内部関係者や投資家は、メタが現在直面している数々の課題について懸念している。立ちはだかる規制、TikTokとの競争、プライバシーポリシーの変更によって生じた広告インフラ全体の再構築などだ。

6260cd00478dfc001859ebd1

キャッシュリッチなメタといえども100億ドルの投資はかなりの大金だ。

Facebook/Handout via REUTERS

同社で働くことに自信を失いつつある社員もいる。Insiderが入手したメタの社内調査結果によると、会社のリーダーシップをどう思うか、会社に留まるつもりか、会社で働けることを誇りに思うかなどの質問に対して好意的な回答をした社員は減少している。同社は常に「社員のフィードバックに応えている」(広報担当者)にもかかわらず、だ。

「メタはもう時代遅れです。テック業界では文化資本が何よりも重要ですから。今のメタはさながら、パーティーでみんなに『俺はクールだ』と言わなきゃと思っている人のように見えます」と語るのは、ジョージタウン大学教授で、データと社会、マーケティングと広告を専門とするクリスティ・ノードハイム(Christie Nordhielm)だ。

新たな業界で居場所確保に奮闘するテックジャイアント

メタのメタバース転換は、「新たな一章」を開くものであり、ソーシャルプラットフォームに依存しない、より野心的なものになるとザッカーバーグは言う。たとえそれが、向こう何年も投資家を神経質にさせ、株価のボラティリティを高め、何百億ドルもの費用を必要とするとしてもだ。

アップル、グーグル、マイクロソフトなどのライバル企業もそれぞれ独自のメタバース製品を開発中だが、そんな中にあってもメタは実現に向け邁進している。

「メタは、自らのドメインでない市場に全財産を賭けたわけです」と元社員は言う。ウェドブッシュ証券(Wedbush Securities)のマネージングディレクターであるイガル・アロニアン(Ygal Arounian)も、「(メタバースにおける)メタの成功については確実なものは何もありません。同社はまだ有力で優勢ですが、この先もずっとそうだとは限りません」と言う。

7万人を超すメタの社員の多くは、Facebook、Instagram、WhatsAppなど同社の定番のプロダクトか、同社の収益の大半を稼ぎ出している広告部門に携わっている。これら社員の間では、自分の仕事においてメタバースが何を意味するのかがよくわからないという声が挙がっている。

最近同社を退職した元幹部によると、社内では必死にメタバースについての啓蒙活動を行っており、「マーク(・ザッカーバーグ)はその話ばかりしている」というが、社員の業務にまで浸透していないようだ。

メタの社内でもホットなコマース部門は、少なくとも2023年まではメタバース製品に対する投資を行う計画はない、と社員に明言しているという。

「一貫した戦略がまだないため、何を提供したらいいのか、何に取り組めばいいのか分からないんです。そのことが混乱と不安を助長しているんですよね」と現役社員は語る。

とはいえ、ザッカーバーグの関心の中心にあるのは紛れもなくメタバースだと、前出の元幹部は言う。実際ザッカーバーグは、リアリティラボ(Reality Labs)を率いる最高技術責任者(CTO)のアンドリュー ・ボズワース(Andrew Bosworth)と共に、新製品のデモを全てチェックし、個人的にリアリティラボのパートナーシップに関する計画や提案を精査していると言われている。

「彼(ザッカーバーグ)は、こういう会社にしたいと決めたら他の誰にも任せません」(元幹部)

消えないヤフーの記憶

2021年秋以降から高まり始めたメタの戦略転換に対する懸念は、2022年2月に頂点に達した。メタ傘下のアプリのデイリーアクティブユーザー(DAU)が、何四半期か横ばいで推移した後、初めて前期比でわずかながら減少したのだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular