無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


EVだけじゃない!次世代バッテリーの「全固体電池」を宇宙で ── 世界初、JAXAと日立造船がISSで充放電実証

全固体リチウムイオン電池軌道上実証装置(Space As-Lib)のモニタカメラ撮影画像。全固体電池の充放電実験の際に得た電力によって撮影された。

全固体リチウムイオン電池軌道上実証装置(Space As-Lib)のモニタカメラ撮影画像。全固体電池の充放電実験の際に得た電力によって撮影された。

提供:JAXA

電気自動車(EV)での活用などを中心に、次世代バッテリーとして注目されている「全固体電池」の活用が、宇宙にまで広がっている。

8月5日、JAXAと日立造船は、世界で初めて、宇宙での全固体リチウムイオン電池の充放電機能を確認したことを発表した。

両者は、2016年から共同で全固体電池の研究開発を進めていた。

JAXA広報によると、今回実証したのは、EVなどの電池として研究開発が進められているタイプと同じ「硫化物系」の材料を用いて作られた全固体電池。2022年2月20日(日本時間)に、「全固体リチウムイオン電池軌道上実証装置」(Space As-Lib)を国際宇宙ステーション(ISS)に送り届け、ISSにある日本実験塔「きぼう」の船外に設置。3月5日、世界で初めて充放電が可能であることを確認したという。

JAXA広報によると、「軌道上に持っていった段階で65%程度充電されていたものを、一度空っぽにまで放電して、そこからフル充電までもっていきました」という。

●実験に使用された全固体電池のスペック

サイズ:65ミリメートル×52ミリメートル×2.7ミリメートル

質 量:25グラム

容 量:140mAh(15セル並列接続により約2.1Ahの電源として使用)

 Space AS-LiB構成(左)とAS-LiB®140mAhセル(右)

実験で使われた全固体電池の実証装置(左)と、140mAhのセル(右)。セルは15枚並列に接続している。

提供:JAXA

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み