無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「極小住宅」はもう古い? アメリカで人気が高まっている「バーンドミニアム」とは

バーンドミニアム

ホリー・エンジェルさんのバーンドミニアム。

Holly Angel

  • アメリカでは「バーンドミニアム(Barndominium)」が増えつつある。
  • ファームハウス風のこうした家には、1つ屋根の下に生活エリアとガレージ、仕事場などが集まっている。
  • 経済的な要因やファームハウス暮らしへの関心が流行に貢献している。

コリーン・ロバーツさんと夫のミッチさんは数年前、ミズーリ州にある友人のバーンドミニアムで7月4日の独立記念日を祝った。その直後、コリーンさんの夫は自分たちのバーンドミニアム —— 農場にある納屋のような家 —— が欲しいと言った。

「わたしは『絶対ダメ』と言ったんです」とロバーツさんはInsiderに語った。

「でも、中を見て回ったらその素晴らしさに気付いたんです」

子どもが2人できた後、ロバーツさん夫妻にチャンスが訪れた。自宅が手狭になり、夫妻は広々とした、手頃な値段かつ最低限の修繕で済む家を探していた。

一般的な家とバーンドミニアムにかかる費用を比べると、悩むまでもなかった。

ロバーツさん一家

コリーン・ロバーツさんと家族。

Roberts Farmstead

「40万ドル(約5400万円)かかりませんでした。土地はすでに持っていたのでここには含まれません」と土木技師のロバーツさんは建設費についてInsiderに語った。多くのバーンドミニアム好きの人々同様、ロバーツさん夫妻も自分たちで建設工程を監督した。

引っ越して2年、ロバーツさん夫妻のバーンドミニアムはまさに"望み通りの家"だ。連棟のガレージはパーティを開いたり、家を離れることなくDIYのプロジェクトに取り組んだりできるスペースを与えてくれた。2人の娘たちが自転車に乗れるスペースまである。

「小さなガレージにはもう戻れません。前の家はれんが造りの家で、今の家の3分の1くらいの広さでした。水道光熱費は同じか安いかです」とロバーツさんは話している。

「簡単ではありませんでしたが、もう一度やってもいいですね」

ロバーツさん一家のバーンドミニアム

ロバーツさん一家のバーンドミニアム。

Roberts Farmstead

バーンドミニアムへの関心が急上昇

「バーンドミニアム」とは一般的に、1つ屋根の下に生活エリアとガレージ、仕事場などが集まっている大きな鉄骨の建物のことだ。外側は伝統的な納屋のように見えることが多い。ただ、内側は自由な間取りで、設備や装飾は普通の家と変わらない。

「もともとは実用的かつ手頃な価格のソリューションとして始まりました。プレハブ構造を採用し、質素な生活と仕事の空間として使われています」と不動産情報プラットフォームRealtor.comのシニアエディター、エリック・ガンサー(Eric Gunther)氏はInsiderに語った。

「広い土地、さまざまな設備、馬などを持つオーナーにとって、全てが1つ屋根の下に揃うというのは魅力的です」

家のリフォームをテーマにヒットしたHGTVの番組『Fixer Upper』も、バーンドミニアム人気に貢献しているという。

「納屋をリビングに生まれ変わらせるというアイデア自体はこの番組の前からあったのですが、この番組はファームハウスの暮らしを主流なアイデアにする役に立ちました」とガンサー氏は指摘している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み