無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウクライナで証明された衛星インターネットの有効性…アメリカ空軍もスターリンクと契約

ウクライナに設置されたスペースXの「スターリンク」のアンテナ

ウクライナ・ヴォールツェルにある花壇に設置された、スペースXの「スターリンク」のアンテナ。2022年5月5日。

Taras Podolian/Gazeta.ua/Global Images Ukraine via Getty Images

  • スペースXのスターリンクは、ロシアから侵攻を受けているウクライナにインターネットサービスを提供していることで評価されている。
  • アメリカ空軍は、ヨーロッパとアフリカでの衛星インターネットサービスについて、スターリンクと契約を進めている。
  • スターリンクのウクライナでの成功は、中国など世界中の軍の注目を集めている。

スペースX(SpaceX)の衛星インターネットサービス、スターリンク(Starlink)はロシアの侵攻が続く中でウクライナの人々にオンラインサービスを提供し続けて称賛されており、アメリカ空軍もヨーロッパとアフリカでの同サービスと協力する計画を進めている。

2022年8月の発表によると、在欧アメリカ空軍・アフリカアメリカ空軍は、ドイツのラムシュタイン空軍基地に拠点を置く第86空輸航空団を支援するため、スペースXのスターリンクのサービスを契約する。

12カ月で192万ドル(約2億5600万円)の契約は7月下旬に結ばれ、2023年7月から8月の間に運用が開始される予定だ。これはより広範囲の同意ができるまでの「暫定的なソリューション」だという。8月4日の発表を受けて、Politicoがこの契約について最初に報じた

アメリカ空軍はこの契約の意図に関して「第一世代または高性能の衛星端末および固定あるいはモバイル/ポータブルのデバイスによってユーザーがインターネットに接続できるサービスの提供を受けること」だと書面で述べている。

書面には、スターリンクはヨーロッパとアフリカで地球の低軌道(LEO)衛星通信を提供できる唯一の民間企業であり、競合他社は「まだ初期段階にある」のに対して同社は「1350基以上による最も確立されたLEO衛星ネットワーク」を所持していると記載されている。

スペースXのスターリンクのネットワーク。

スペースXのスターリンクのネットワーク。

Getty Images

また、ウクライナについても触れていて、スターリンクが現在、紛争の下で機能している唯一のネットワークでもあると述べている。

アメリカ空軍研究所は、戦争が行われている環境において低軌道衛星は「信号妨害に強く、戦術的な任務をサポートするために必要な低遅延を提供することがわかった」という。また、アメリカ空軍は現在「迅速機敏な戦力展開(ACE:Agile Combat Employment)」などの戦争下における戦略的な任務を支援するために必要となる複数の取り組みを推進しているという。

また書面には「ウクライナでの活動支援のため、東ヨーロッパ周辺での通信の要件は日々拡大している」とも記されている。

「スターリンクのLEOは、状況が変化する中で処理時間を削減し、戦域ベースのオペレーションを増やすという要件を満たしている」

そして「広範囲におよぶ調査を経て、スペースX(スターリンク)は、現在の運用領域で特殊な通信サービスを提供可能な唯一の企業であるとわかった」と付け加えられている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み