無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスク「知られざる社内の行動」元部下の新証言。口答えは即クビ、家族最優先、無駄話はゼロ

prime_elon_musk_podcast_top

米電気自動車大手テスラ(Tesla)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の知られざる一面が元従業員の証言で明らかになった。

REUTERS/Brendan McDermid

ポッドキャスト番組「ジ・アイスト・カフィ・アワー(The Iced Coffee Hour)」は最近(8月7日配信)のエピソードで、2009年から13年まで米電気自動車大手テスラ(Tesla)にテリトリー(地域営業)マネージャーとして勤務したカール・メドロックをゲストに迎えた。

テスラは当時、ディーラー(販売特約店)運営と高級車販売に関する経験と実績を持つサービステクニシャンを探しており、メドロックに白羽の矢を立てたのだという。

「どうやら、シアトルエリアのリンクトイン(Linkedin)プロフィールの中で、テスラが求めるすべての条件を満たすのは自分だけだったみたいです」

メドロックによれば、テスラが彼に提示した待遇は年収が12万ドル程度(約1600万円)、権利行使価格90セントのストックオプション4万個(8月15日終値ベースで約3700万ドル相当)だった。

メドロックはさらに、何かと物議を醸(かも)しがちなイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)に仕える日々とはどんなものか、知られざる細部を番組内で語った。

以下では、驚くべきその内容を7つの「新発見」として紹介しよう。

【新発見1】イーロン・マスクは机の上で寝ていた

マスクはほとんど昼夜ぶっ通しで働き、ときに職場の床で寝るというエピソードがよく知られる。

しかし、メドロックが目にしたのは、床ではなくデスクの上で気絶したように寝ている姿だった。思わず写真を撮ったという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular