無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ゴールドマンの「IT企業化」を任された新しい単独CIO。アマゾンを巨大企業に育てた立役者は超大手投資銀行を変えられるか

ゴールドマンサックスCIO

2022年10月にゴールドマンサックスの単独CIOになる予定のマルコ・アルジェンティ。

Goldman Sachs; Vickt

2019年10月、マルコ・アルジェンティ(Marco Argenti)は、パートナー兼共同CIO(Chief Information Officer)としてゴールドマン・サックスに入社した。

アルジェンティは巨大IT企業アマゾンのクラウド部門であるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)に6年間在籍し、テクノロジー担当バイスプレジデントまで務めた人物だ。

AWSは2016年以来アマゾン最大の稼ぎ頭であり、その成長の速さからアナリストの間ではいずれAWS単独で3兆ドル(約411兆円、1ドル=137円換算)の事業価値に達するだろうとの予測も浮上していた。そのAWSから歴史あるゴールドマン・サックスへの転身ということで、アルジェンティの移籍は大きな話題を呼んだ。

ゴールドマンを「IT企業」に

アルジェンティは入社後間もなく、ゴールドマンのIT部門のリーダー格の2人、イリヤ・ゲシンスキー(Ilya Gaysinskiy)とアテ・ラティランタ(Atte Lahtiranta)とミーティングを設定した。

議題は、顧客により良いサービスを提供するにはどうしたらいいかというものだったが、ここで言う「顧客」とは、それまでゴールドマンがサービスを提供してきた巨額資金を運用するヘッジファンドのマネジャーやアメリカの大手企業のことではない。

アルジェンティが相談したかったのは、ゴールドマンが他社と協業する際、ビジネスを強化するためのコードを書く開発者たちとどう業務を進めていけばいいのか、ということだ。

2020年初頭、アルジェンティは開発者の労働環境改善にあたるチームを立ち上げ、ゴールドマンの個人向け部門のエンジニアリング・チームの責任者でもあったゲシンスキーをそのリーダーに任命した。採用から協力体制まで、ゴールドマン・サックスのエンジニアに関する業務を一つのチームにまとめるための動きだったとゲシンスキーは振り返る。

このエンジニアの労働環境改善チーム結成のエピソードひとつとっても、アルジェンティと共同CIOを務めるジョージ・リー(George Lee)がどれほど本気でゴールドマンをIT企業に変えようとしているか、また、アルジェンティとゴールドマンがどこに会社の成長を賭けているかがよく分かる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular