無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルから「泥棒」だと非難された中国企業、テスラによく似た人型ロボットを発表

CyberOne and Tesla Optimus

シャオミのサイバーワン(左)とテスラのオプティマス(右)

Courtesy of Xiaomi and Tesla

  • シャオミはテスラの人型ロボット「オプティマス」のデザインによく似た「サイバーワン」の動画を公開した。
  • イーロン・マスクは、テスラの人型ロボットのプロトタイプを早ければ2022年9月中に発表できるかもしれないと述べている。
  • シャオミの新しい人型ロボットは、「テスラAIデー」に何が期待できるかのヒントになりそうだ。

中国企業のシャオミ(Xiaomi、小米科技)は、テスラ(Tesla)に先立って機能的な人型ロボット「サイバーワン(CyberOne)」を開発したが、そのロボットのデザインはテスラの「オプティマス(Optimus)」に不気味なほどよく似ているものだった。

2022年8月11日、シャオミは北京で開催されたライブイベントで、サイバーワンを初めて公開した。そこでは、この人型ロボットはステージ上を歩行し、シャオミの創業者でCEOの雷軍(レイ・ジュン)とコミュニケーションを取っているように見えた。

一方、テスラは2022年9月に開催されるAI(人工知能)のイベント「第2回テスラAIデー(Tesla AI Day)」で、自社製ロボットの詳細を明らかにする見込みだ。テスラのイーロン・マスク(Elon Musk)CEOは、2022年9月30日のイベントまでに、人型ロボット、オプティマスのプロトタイプが用意できるかもしれないと述べている

それまでは、テスラのロボットには何が期待できるのか、シャオミのロボットがヒントを与えてくれるかもしれない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み