無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大手ブロックチェーン企業の創業者、メタとマイクロソフトを「デジタル業界の独裁者だ」と批判

ヤット・シウ

アニモカ・ブランズの共同創業者で会長のヤット・シウ。

Animoca Brands

  • ある大手ブロックチェーン関連企業の創業者は、メタやマイクロソフトのことを「デジタル業界の独裁者」だと批判している。
  • アニモカ・ブランズのヤット・シウがブルームバーグに対し、自身とWeb3の目標は、大手IT企業の権力を奪うことだと語った。
  • 分散型テクノロジーで所有権をユーザーへと返還すること、それがWeb3の中核だという。

批評家は長らく、大手IT企業が権力を持ちすぎていると指摘してきたが、ある大手ブロックチェーン関連企業の共同創業者はこれに賛同している。

ヤット・シウ(Yat Siu)は、香港を拠点としてメジャーな暗号プロジェクトを数多く手掛け、ザ・サンドボックス(The Sandbox)を傘下に持つアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)の創業者で、2022年8月17日(現地時間)に公開されたブルームバーグの記事の中で、自身の会社がこれまで、金融、ゲーム、ブロックチェーンなど、340以上の企業に投資してきたことを明かした。

シウが語ったところによると、その目標はテック大手による業界支配を打ち破り、個人のデジタル・アイデンティティとデジタル資産の所有権をユーザー自身に返還することだ。彼はそれ以上のことは述べず、Facebookの新たな親会社であるメタ(Meta)やマイクロソフト(Microsoft)などを「デジタル業界の独裁者」と呼んだ。

Insiderはこの件について説明を求めたが、シウからの回答はなかった。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み