無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


10年ぶりの低水準に沈む中国スマホ市場、勝ち組はiPhoneとHONORだけ

インサイド・チャイナ

中国のスマホ市場は10年ぶりの低水準に沈んでいるが、iPhoneは堅調な販売を維持している。

Reuters

ガジェット業界にとって最大のイベントである新iPhoneの発売が近づいてきた。発表会の開催は9月7日が有力視されているが、中国では同じ日にファーウェイ(華為技術)のハイエンド端末Mate 50が発表されると噂されており、ハイエンドの頂上対決として注目されている。

iPhoneのシェアが半分を占め、グローバルで競争力のない日本メーカーも健闘している日本マーケットでは、中国メーカーの動向が見えにくくなっているが、8月には中韓で折りたたみスマホが4機種発表されるなど、iPhone追撃の動きや勢力図の変化が起きている。

ファーウェイのMate 50、iPhone 14と同日発表か

2021-06-03T062804Z_311034305_RC2SSN9IDJJF_RTRMADP_3_HUAWEI-TECH-SMARTPHONE(1)

ファーウェイはハイエンド端末のMateシリーズを2年ぶりに発表する。

Reuters

中国では8月に入って、スマホ2機種のリークが相次いでいる。

一つはiPhone 14。主要生産拠点が中国にある上に、「アップルの預言者」として知られる著名アナリストも数年前から中国の証券会社に転籍し、中国発の最新情報が日々テック界隈をにぎわしている。

詳細なスペックや外観は春から夏にかけてほぼ明らかになり、今は価格や売れ行き予想に焦点が移っている。

さらに中国では、2019年までスマートフォン市場で世界2位だったファーウェイがiPhone 14の発表日にハイエンドモデルのMate 50をぶつけてくるという観測が浮上した(ファーウェイが同機種を9月7日に発表するという噂の方が先に出ていたので、アップルが後から重ねてきたという方が、より正確だが)。

ファーウェイでスマホ事業を統括する余承東(リチャード・ユー)氏はアップルへのライバル心をむき出しにし、最新技術を詰め込んだMateシリーズを、新iPhoneの発売直後に発表してきた。

だが、アメリカ政府の2019年の規制によってファーウェイはスマホの生産を封じられ、2021年はMateシリーズの新製品発表を断念した。2年ぶりに発表するMate 50は、規制の影響で5G通信には対応せず、Androidの代わりに自社開発の「HarmonyOS 3.0」を搭載する。チップは独自開発のKirin 9000Sを採用し、カメラも長年提携していたライカではなく、独自製品となるようだ。

ファーウェイの2021年のグローバルでのシェアはトップ5から陥落した。グーグルの技術を利用できず、HarmonyOS 3.0が中国でしか広がっていない中でハイエンド端末を発表するのは、「スマホから撤退しない」というメッセージを打ち出すためだろう。

スマホ市場は10年前の水準に縮小

キャプチャ-2

中国のスマホ販売推移

Counterpoint

最新スマホへの関心は相変わらず高いが、中国のスマホ市場はゼロコロナ政策などによる経済減速の影響で、急ブレーキがかかっている。

市場調査会社のCounterpointによると2022年4-6月の中国のスマホ販売台数は同14.2%減となった。この数字はピーク時の2016年10-12月期の半分以下で、2012年10-12月期の水準だ。他の調査会社も軒並み、同期の中国のスマートフォン販売台数が2ケタ減になったと分析している。

Counterpoint のアナリストは「消費者心理の弱さと中国におけるスマホ普及率の高さが影響した」、Canalysのアナリストは「国内経済の低迷を受け、人々は所得の減少や失業率を懸念し消費を控えている」と指摘。上海のロックダウンが明け、消費回復の期待が寄せられた6月のネットセール「618セール」でも、スマホの販売台数は前年同期比10%程度減少し、マインドの弱さが浮き彫りとなった。

新型コロナウイルスの流行とマクロ経済の逆風による影響は年内いっぱい続くと予想され、2022年の販売台数は2012年以来最悪となる可能性もある。中国の主要メーカーの大半が出荷台数を大幅に減らしており、シャオミが8月19日に発表した2022年4-6月決算は、売上高が前年同期比同20%、純利益は同67%減少した。

とは言え、全社が市場環境に屈したわけではない。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み