無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


前大統領のトイレブラシから「バイバイ、バイデン!」タイマーまで… サウスカロライナ州にある「トランプ・スーパーストア」をのぞいてみた

看板

Jenny Powers

  • 筆者はアメリカのサウスカロライナ州マートルビーチにある、トランプ前大統領に関するさまざまなグッズを売っている「キープ・オン・トランピン(Keep on Trumpin')」という店を訪れた。
  • 2022年3月にオープンして以来、店は繁盛していると共同オーナーのリチャード・クリグマンさんは話している。
  • Tシャツからおしゃべりするトランプ前大統領のフィギュアまで、この店にはありとあらゆるグッズが揃っている。

サウスカロライナ州マートルビーチを訪れた筆者は「トランプ・スーパーストア」の看板を見かけた。好奇心の赴くまま、行ってみることにした。

看板

Jenny Powers


駐車場に着くと、トランプ前大統領を支持するカラフルな旗や、前大統領に似たバルーンなどが出迎えてくれた。

バルーン

Jenny Powers


「キープ・オン・トランピン」は「クリグズ・カイト」と「グッドフェローズ・シーフード・ハット」というレストランに挟まれているようだ。

看板

Jenny Powers


店先に飾られているトランプ前大統領のマネキンは「レッツゴー・ブランドン」と書かれた旗を持っている。「レッツゴー・ブランドン」は反バイデンのスローガンとして、前大統領の支持者らの間でしばしば使われているものだ。

駐車場

Jenny Powers


筆者がマネキンの写真を撮っていると、通りがかりの客が「レッツゴー・ブランドン」と声をかけてきた。

マネキン

Jenny Powers


店に入るには、凧(カイト)やバナー、旗などを売っている「クリグズ・カイト」の入口を通らなければならない。

案内板

Jenny Powers


入口を入ると、この2つの店は1つ屋根の下にあることが分かった。

店内の様子

Jenny Powers


ただ、売り場ははっきり分かれている。「キープ・オン・トランピン」の売り場は2000平方フィート(約190平方メートル)ほどだ。

店内の様子

Jenny Powers


クリグマンさんたちは1982年、マートルビーチに最初の凧の店を開いたという。

クリグマンさん

Jenny Powers


現在、クリグマンさんたちは2つの店舗を営業している。2号店は7年前、ノース・マートルビーチにオープンした。

店の様子

Jenny Powers


クリグズ・カイトでは民主党と共和党、両方の政党に関するグッズを販売しているものの、トランプ前大統領のアイテムが常に一番良く売れているという。

店内の様子

Jenny Powers


その結果、客の需要に基づき、トランプ前大統領のグッズに特化したコーナーを作ることになった。

62fd2ee4f1df7e0018eaf2d7

Jenny Powers


その後、2022年3月にテナントの一画が空き、代わりに入る店が見つからなかったため、クリグマンさんは共同オーナーである自身の兄弟に突拍子もないアイデアを持ちかけた。

店内の様子

Jenny Powers


「トランプの店を開くのはどう?」

店内の様子

Jenny Powers


クリグマンさんは、店を通じて自身の政治的な主張をしようとしているわけではないとInsiderに語った。

店内の様子

Jenny Powers


自分はビジネスマンで、トランプ前大統領については良いと思うところもあれば、そうでないところもあるとクリグマンさんは話している。

店内の様子

Jenny Powers


間違いなく良いのは、店をオープンして以来、客足が増えていることだ。

店内の様子

Jenny Powers


現在、「キープ・オン・トランピン」では1万を超えるアイテムを販売している。

店内の様子

Jenny Powers


Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み