無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


楽天カード、PayPayカード…ネットショッピングにおすすめのカード3選

何気なく長年使い続けているクレジットカード。でも、本当にこれが自分にとってベストな一枚かどうかは分からないもの。クレジットカードの専門家が、2022年のおすすめクレジットカードを紹介します。

まず、選ぶ際に着目したいポイントは次の5つです。

  • ポイント1:特典
  • ポイント2:還元率
  • ポイント3:年会費
  • ポイント4:時間短縮
  • ポイント5:セキュリティ

ここでは、ネットショッピングを利用することが多い人に向けた「大手ネットショップの利用で還元率が上がるお得なカード」を紹介します。

Amazon Mastercard

年会費無料
申込条件18歳以上の方(高校生を除く)
ポイント還元率1.0~2.0% ※
特典・コンビニ大手3社の利用で1.5%のポイント還元・年間200万円のショッピング補償
付帯保険海外旅行:最大2000万円国内旅行:なしショッピング:最大200万円
ポイントの使い道アマゾンでの買い物時に1ポイント=1円で利用可能
ポイント有効期限最終ポイント獲得日から1年間

Amazon Mastercardの公式サイトはこちら

※ 通常1.0%、プライム会員はアマゾンの買い物でポイント2.0%還元(会員以外は1.5%)

アマゾン以外でも還元率が1.0%と高いので、メインのカードにしても十分に真価を発揮する一枚です。シンプルなデザインが潔いですね。

コンビニ大手3社で200円ごとに1.5%ポイントがたまり、アマゾンで1ポイント=1円として使えます。アマゾンの還元率はプライム会員なら2.0%、プライム会員以外は1.5%です。

「アマゾンのためにカードを作りたくない」方にはJCBカード W plus Lをおすすめします。

JCBカード W plus Lをアマゾンで使うと還元率は4倍になり、1ポイントからアマゾンで利用できます。交換レートは1ポイント=3.5円です。JCB系クレカのOki Dokiポイントは、ある程度貯めないと交換できない使いづらさがあるため、これは大きなメリットです。

楽天PINKカード

ポイント制度は楽天カードと同じですが、ここでは女性向けのカードである楽天PINKカードを紹介します。

通常の還元率は1.0%ですが、楽天のサービスに使うことで還元率が上がる設定です。例えば、引き落としの銀行を楽天銀行に設定し、アプリを使って楽天市場で買い物をした場合、還元率は4.0%にアップします。

PayPayカード

年会費無料
申込条件18歳以上(高校生を除く)で、安定した収入のある方
ポイント還元率1~3%
特典・Yahoo!ショッピング・LOHACOで使うと還元率3%・最大8000円分のポイントがもらえる入会キャンペーン ※・耳や言葉が不自由な方専用の手話通訳(筆談)サービス
付帯保険海外旅行:なし国内旅行:なしショッピング:なし
ポイントの使い道PayPay加盟店の支払い、ポイント運用
ポイント有効期限なし

PayPayカードの公式サイトはこちら

※ 2022年9月30日まで。(2022年8月4日現在)

2021年12月から提供されている、黒色を基調としたナンバーレスのクレカです。縦券面と横券面から選べます。Yahoo!派なら外せない一枚でしょう。還元率は1%、Yahoo!ショッピングとLOHACOで使うと3%になります。

現在ボーナスポイントがもらえる入会キャンペーンが開催されています(2022年8月1日~9月30日)が、期間限定なので早めにチェックしてみてください。

(文・茂田龍揮)

菊地崇仁:株式会社ポイ探 代表取締役。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。保有するクレジットカードは約90枚超、約150万円の年会費を支払い実際に利用しながら、お得な使い方を研究している。 著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)、『できるAmazonスタート→活用完全ガイド』(インプレス)など。


注:この記事のリンクを経由してカードを契約すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み