無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


6500万ドルのガルフストリームG650ER…実際に目にしてセレブに支持される理由がわかった

Taylor Rains/Insider

Taylor Rains/Insider

  • ガルフストリームG650ERは、世界最速かつ最長航続距離を誇るビジネスジェットだ。
  • 同機はイーロン・マスクのような億万長者が使用するジェット機で、2022年初めには19歳のジャック・スウィーニーがマスクのプライベートジェットの現在位置を追跡していた。
  • 筆者はイギリスで開催されたファーンボロー国際航空ショーでこの飛行機が価格に見合う価値があるかどうかを確かめてきた。

2014年に登場したガルフストリーム(Gulfstream)G650ERは、イーロン・マスク(Elon Musk)やジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)などの億万長者を顧客に持つ、世界最速・最大級のビジネスジェットだ

Gulfstream

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


このフラッグシップ・ジェットは、ロールス・ロイスのBR725エンジンを2基搭載し、7500海里(1万3890km)という驚異的な航続距離とマッハ0.925のスピードを誇る

Gulfstream

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


航続距離は先代のガルフストリームG650よりも500海里(926km)伸びている

Gulfstream

Gulfstream

Source: Gulfstream


この航続距離と速度によって、ガルフストリームとカタール航空は2019年、G650ERで北極と南極の上空を通過するルートの「世界一周」を47時間以内で行い、世界最速記録を更新した

The Gulfstream G650 on display at Farnborough International Airshow.

ファーンボロー国際航空ショーで展示されていたガルフストーム G650。

Stephen Jones / Insider

Source: One More Orbit


同じく2019年、G650ERはシンガポールとアリゾナ州ツーソンの間で8379海里(約1万5517km)のノンストップ飛行を行い、さらなる記録を樹立した。ただこの記録は、G650ERが保有する120以上の世界速度記録のうちの2つに過ぎない

Gulfstream

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


イーロン・マスクやジェフ・ベゾス、そしてビル・ゲイツといったセレブがこのジェット機の性能を証明しており、イーロン・マスクは2018年だけで15万マイル(約24万km)以上を飛行している。フライトの大半はカリフォルニア周辺だったが、アイルランドやイスラエルなどの海外にも飛んでいる

Elon Musk and the Gulfstream G650ER

イーロン・マスク(左)とガルフストリームG650ER。

Patrick Pleul/picture alliance/Getty Images/Courtesy of Gulfstream Aerospace Corporation

Source: The Washington Post


セントラルフロリダ大学に通う19歳の学生、ジャック・スウィーニー(Jack Sweeney)は、2022年初め、Twitterでジェット機の現在位置を公表し、マスクのG650ERを世に広く知らしめた

Inside a G650ER (not Musk's).

G650ERの機内(マスクが所有しているジェット機ではない)。

Sean Zanni / Contributor/Getty Images; Courtesy of Jetcraft

Source: Twitter, Elon Musk offered a 19-year-old $5,000 to take down a Twitter account that tracks his private jet, report says


G650ERは、その速度と航続距離で世界で最も信頼されているジェット機のひとつとされているが、ライバルであるカナダのボンバルディア(Bombardier)は新しい機体、グローバル8000(Global 8000)でさらにその限界を押し広げようとしている

ボンバルディアのグローバル8000。

ボンバルディアのグローバル8000。

Bombardier

Source: Bombardier


そのようなライバルの存在にも関わらず、ガルフストリームG650ERは世界的なベストセラー・ビジネスジェットで、発売当初は数年待ちだった

62ebf48505c1fd0018470b98

Taylor Rains/Insider

Source: Bloomberg


筆者は2022年7月に開催されたファーンボロー国際航空ショーで、富裕層の移動手段であるこのジェット機を見学してきた。その内部を見てみよう

62ebf49659282400185a6d1a

Taylor Rains/Insider


ガルフストリームG650ERは贅沢な内装が施された4つのリビングスペースを備えており、オーナーによるカスタマイズが可能だ

62ebf4ba05c1fd0018470bac

Taylor Rains/Insider


最大18人を乗せることができ、7人が就寝可能な機内には、ビジネス航空業界でも最高レベルの静音設計がなされており、旅行者が快適に過ごせるように配慮されている

62ebf4e059282400185a6d35

Taylor Rains/Insider


47フィート(約14.3メートル)の機内には、客室乗務員が食事や飲み物を準備するギャレー(調理室)もある

62ebf4fc59282400185a6d46

Taylor Rains/Insider


ミーティング・ルームも

62ebf51905c1fd0018470bc5

Taylor Rains/Insider


こちらはダイニングルーム

62ebf55459282400185a6d66

Taylor Rains/Insider


荷室

62ebf56659282400185a6d70

Taylor Rains/Insider


そしてベッドルーム

62ebf62c05c1fd0018470bff

Taylor Rains/Insider


ベッドルームとして使わない時は、ベッドの代わりにソファを置いて、会議室としても利用できる

62ec23cc81b6770019021d5b

Taylor Rains/Insider


機内には2つの化粧室があり、1つはギャレーとコックピットに近い前部にある

62ebf64d59282400185a6dab

Taylor Rains/Insider


もうひとつの化粧室は後部にあり、ベッドルームの裏に位置している

62ebf66505c1fd0018470c12

Taylor Rains/Insider


コックピットには先進のフライバイワイヤシステムを搭載している。これはヒューマン・インタフェースを改善し、視界の悪い状況下でもパイロットが周囲の状況を認識できるように設計されたものだ

62ec1db759282400185a7746

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


さらに、ガルフストリームが開発した着陸予測システム(Predictive Landing Performance System)を搭載しており、パイロットが滑走路をオーバーランしないようサポートし、安全性を高めている

62ec1dde81644d0018dc6b3f

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


機体前方にはパイロットの休憩スペースがある。ここは超長距離飛行に対応するための重要な場所だ

62ec1e0d59282400185a7773

Taylor Rains/Insider


小さな化粧室の奥にギャレーがあり、ガラスの食器類、シンク、御影石のカウンタートップ、そして十分な収納も備わっているが、レイアウトや素材はカスタマイズ可能だ

62ec1e2c59282400185a777f

Taylor Rains/Insider


コーヒーポットやオーブン、引き出し式のまな板も備えている

62ec1e6359282400185a7790

Taylor Rains/Insider


メインキャビンには、フットレストとリクライニング機能を備えた大型の革製アームチェアが4脚置かれている

62ec1ecf81644d0018dc6ba0

Taylor Rains/Insider


アームチェアは回すことができる

62ec1f2d59282400185a77bd

Taylor Rains/Insider


調整可能なヘッドレストも付いている

62ec1f6f59282400185a77d5

Taylor Rains/Insider


ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドフォンも

62ec1f8681644d0018dc6be2

Taylor Rains/Insider


シートは対面式でビジネスミーティングも可能だ。また、座席を組み合わせてシングルベッドにすることもできる

62ec2008c3437e0018fdc599

Taylor Rains/Insider


さらに胴体の側面にはテーブルが格納されており、ボタンで出し入れを操作できる

62ec2046c3437e0018fdc5c1

Taylor Rains/Insider


ダイニングスペースとして利用できる大きなテーブルもある

62ec21063200ef0019a5e38e

Taylor Rains/Insider


ダイニングスペースには、大型テレビとカウンタートップもある

62ec22b681b6770019021ceb

Taylor Rains/Insider


ワイン・クーラーも

62ec22d181b6770019021cfb

Taylor Rains/Insider


機体にはガルフストリームの特徴である16個の大きな窓が並んでいる。これは業界最大級で、乗客に素晴らしいパノラマビューを提供する

62ec29f64b9bf300188389ff

Taylor Rains/Insider

Source: Gulfstream


さらに、昼間のフライトでも仮眠が取りやすいように、窓にはシェードが付いている

62ec2a1781b6770019021f97

Taylor Rains/Insider


機内を歩いてみると、非常に広々とした空間が広がっている

62ec23e74b9bf300188387ad

Taylor Rains/Insider


シートも足元に余裕がある

62ec286881b6770019021f0c

Taylor Rains/Insider


見学してみて、セレブたちがこの飛行機を好む理由が分かった

62ec244381b6770019021d98

Taylor Rains/Insider


そのスピード、航続距離、サイズは長距離フライトに適しており、快適なベッドルーム、ミーティングスペース、大型テレビもあり、機内では快適に過ごすことができる

62ec2a5c81b6770019021faa

Taylor Rains/Insider

編集部より:航続距離の数値を修正しました。 2022年8月31日12:00

[原文:I toured a $65 million Gulfstream G650ER private jet like the ones owned by billionaires like Elon Musk and Jeff Bezos and saw how the ultra-rich travel

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)


注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み