無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカ軍のドローン、2カ月以上飛び続けて無人飛行機の最長記録を更新

エアバスの無人航空機「ゼファー」

エアバスの無人航空機「ゼファー」は、問題が発生するまで64日間飛行を続けた。

Christian Otto/Airbus

  • アメリカ軍が試験を行っているエアバスの無人航空機「ゼファー」が、上空で64日間飛行を続けた後、墜落した。
  • これは無人航空機では最長記録で、飛行機の過去最高記録に近い。
  • エアバスは、無人航空機に「飛行キャンペーン」を終わらせる問題が発生したとInsiderに話した。

太陽光エネルギーで動く翼幅75フィートの無人航空機が、史上最長飛行記録に迫るフライトを行った後、成層圏から墜落した。

航空関連ニュースサイトのSimple Flyingが報じたように、エアバスの無人航空機「ゼファーS(Zephyr S)」が離陸から2カ月近く経った2022年8月19日、アリゾナ州に墜落した。アメリカ軍が持続的な空中センサーの実験の一環として飛行試験を行なっていたこのドローンは、高度6万フィート(約1万8200m)以上を飛行可能で、夜間に飛行を続けるためのエネルギーを太陽光パネルで充電する。

「成層圏での64日間の飛行と膨大なミッションを完了した後、ゼファーにこの飛行キャンペーンを終了する問題が発生した」と無人航空機を製造したエアバスの広報担当者はInsiderへ書面で答えた。

「担当チームは現在、このミッションで行われた1500時間以上におよぶ成層圏フライトについて分析を行っている」

同社は無人航空機に何が起きたか明らかにしなかったが、Simple Flyingによると、公開されているフライトデータでは1分あたり4500フィート(約1300m)以上のスピードで急降下していたことがわかるという。

ドローンのテストを行っていたアメリカ陸軍のAssured Positioning, Navigation, and Timing/Space Cross-Functional Teamは、ゼファーが停止した状況を調査していると発表した。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み