無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2Q決算好調で株価上昇「それでも圧倒的な割安感」厳選6銘柄。モーニングスター最新分析

5e5e72c0fee23d12550e5ef7

米投資信託評価機関モーニングスター(Morningstar)の最新分析は、慎重な投資スタンスの求められるこの不安定期にこそ参考になる。

Brendan McDermid/Reuters

米株式市場が待ちに待った夏場の株価上昇、いわゆるサマーラリー(summer rally)が、2022年もやって来た。投資家たちは2021年11月以来、実に9カ月ぶりに明るい見通しを感じている。

S&P500種株価指数は6月16日に3700台を下回り、年初来安値(終値)の3666を記録したものの、その後緩やかな回復に転じて約13%戻した(8月22日終値)。

ハイテク株の構成比率が高いナスダック100指数も、同期間に約16%の上昇を記録し、(直近高値からの下落率20%超を意味する)弱気相場との境目まで戻している。

2022年第2四半期(4〜6月)に市場予想を上回る業績を叩き出した企業が、ここ数カ月の相場上昇をけん引した。

迫り来る景気後退への懸念が消えない状況にもかかわらず、アマゾンやアップル、アルファベット(グーグル親会社)らの力強いパフォーマンスが市場への信頼感を生み出している。

それでも、弱気相場の一時的な上昇局面では、慎重な投資スタンスを崩さないことが重要だ。

その意味で、米投資信託評価機関モーニングスター(Morningstar)の分析は参考になる。第2四半期に市場予想を上回る業績を発表して株価上昇を経験した後でも、なお割安感のある(すなわちアップサイドの余地がある)銘柄リストを作成している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular