無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


夏場の株価回復は息切れ「それでも再上昇するハイテク厳選4銘柄」ウェドブッシュ“断固強気”最新予測

prime_wedbush_technames_top

米資産運用大手ウェドブッシュ・セキュリティーズ(Wedbush Securities)は、夏場の株価上昇に減速感があることを認めつつ、ハイテク銘柄は2023年にかけて強気との投資判断を維持する。

REUTERS/Andrew Kelly

米資産運用大手ウェドブッシュ・セキュリティーズ(Wedbush Securities)でテクノロジー・ソフトウェア分野をカバーする名物アナリスト、ダン・アイブスがInsiderの取材(8月22日)に応じ、毎夏恒例の相場上昇は騰勢を失いつつあると指摘、株式市場は「岐路に立たされている」と結論した。

ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)やバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)などウォール街の巨大金融企業は、6月16日から8月16日までの2カ月間にS&P500種株価指数が17.4%の上昇を記録したことについて、あくまで弱気相場の一時的上昇局面に過ぎず、再度の失速が近いと見ている。

なお、S&P500種指数は8月16日からの1週間(8月23日終値時点)あまりで4%下落した。

長年の強気筋として知られるアイブスは、8月21日の顧客向けメールで、先行きを懸念する理由がいくつかあることを認めた。

なかでも最大の懸念は、すでに景気減速が確認されている状況にもかかわらず、米連邦準備制度理事会(FRB)が粘着性の高い高インフレの沈静化を目指して、積極的な利上げを続けるかもしれないということだ。

ただ、そうしたリスクが存在することを認識した上で、アイブスは2022年下半期のハイテク銘柄のパフォーマンスを「断固として」強気の投資判断とする

人工知能(AI)やサイバーセキュリティなどのトレンドがハイテク銘柄の長期的成長をけん引するとの確信を抱くアイブスは、数年単位で見れば、2022年上半期の弱気相場など刹那的な現象に過ぎないと考える。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular