無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Web3スタートアップ創業者6人が採用応募者に求める5つのスキル。欲しいのは技術以上のもの

Web3

景気が低迷する中、Web3関係の人材募集は活発に行われている。

Getty Images

テクノロジー業界では大規模な人員削減が行われているが、求職者にとってまだ期待が持てるのがWeb3企業だ。

仮想通貨企業のコインベース(Coinbase)が採用を凍結し、従業員の18%を解雇した直後、競合のバイナンス(Binance)は新たに2000人を採用すると発表した。また、Web3関連のキャリアサイト「Web3.Careers」には、2022年初頭には1万件に満たなかった求人が、現在では2万3000件以上掲載されている。

分散型インターネットの話題がシリコンバレーを席巻するなか、エンジニアリング、プロダクト、マーケティングなど、あらゆる専門分野の有能な人材が、お金が儲かるといわれるこの世界へと進出している。

「Web3で技術の可能性を押し広げるには、技術的なスキル以上のものが必要だ」と、スポーツ・エンターテインメントNFTプラットフォームであるオートグラフ(Autograph)のCEO兼共同創業者、ディロン・ローゼンブラット(Dillon Rosenblatt)はInsiderに語る。

ローゼンブラットによると、Web3企業の創業者が求めているのはプログラマーに限らず、インターネットの使い方に革命を起こそうという野心を持つ人材だという。

Insiderは、Web3スタートアップの創業者6人に、応募者の履歴書や面接でどういったスキルを重視するか聞いた。成長も競争も著しいWeb3業界で従業員を採用する際に創業者たちが求める5つのスキルは以下の通りだ。

1. 起業家精神を持っていること

「私たちが探しているのは、オーナーのように作り上げ、行動することを好む社員です」と、分散型ウェブサイトやブロックチェーンベースのドメイン名を提供する企業、アンストッパブル・ドメインズ(Unstoppable Domains)の共同創業者ブラッド・カド(Brad Kad)は言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular