無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


4人の専門家が解説、コストコが1.5ドルのホットドッグを値上げしない理由

コストコのホットドックセット

コストコの1.5ドルのホットドッグ(ドリンク付き)のイメージイラスト。

Costco; Vincent Giordano Photo/Shutterstock; Rachel Mendelson/Insider

  • コストコは37年間、ドリンク付きのホットドッグを1.5ドルで販売しており、インフレになってもそれは変わることはない。
  • 専門家によると、コストコのホットドッグの価格設定は、同社のビジネスモデルの証であるという。
  • チャーリー・マンガーは、品質を犠牲にすることなく常に低価格を維持しているコストコを賞賛している。

コストコ(Costco)は40年近く前からドリンク付きのホットドッグを1.5ドル(約207円)で販売しており、その価格を頑なに守ってきた。アメリカのインフレ率が40年ぶりの高さに急騰しているにもかかわらず、このセット価格を引き上げる予定はない。

品質を犠牲にすることなくコストを削減し、その削減した分を低価格という形で顧客に還元しているこの大型小売店は、ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)のビジネスパートナーで投資会社バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の副会長を務めるチャーリー・マンガー(Charlie Munger)などの投資家から賞賛を集めている

マンガーはコストコについて、「一生に一度か二度でも、このようなビジネスに関われるのならば、それはとても幸運だ」と2011年に述べている。

看板商品であるこのホットドックをコストコはなぜ値上げしないのか、1.5ドルという価格はマンガーがコストコを好きな理由をどう実証しているのか、4人の専門家に説明してもらった。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み