無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


残暑の季節に楽しみたい。試してよかった「ちょっと変わったアイスコーヒーの楽しみ方」3選

※こちらの記事は、ROOMIEから一部編集の上、転載しています。

220829RM_top

暑さは少し落ち着いてきましたが、まだまだアイスコーヒーがおいしく感じられる季節です。今回は「ちょっと変わったアイスコーヒーの楽しみ方」を3つピックアップして紹介します。


ポーションコーヒーで作るスパークリングコーヒー

220829RM01

本格的な味わいが人気のUCCの「職人の珈琲」。コーヒー好きのために作られたシリーズで、「極深炒り焙煎」はアイスコーヒーにぴったりだそう。

希釈して使う「ポーションタイプ」はとても手軽で、自宅で使いやすく、持ち運びにも便利です。

220829RM02

  • 職人の珈琲 ポーションコーヒー…1個
  • 炭酸水…100~150ml
  • 氷…適量

用意するのは、氷と炭酸水、そして「職人の珈琲」のポーションコーヒー。「甘さひかえめ」と「無糖」から、好きな味を選んで作ってみましょう。

220829RM03

作り方は至ってシンプル。グラスに氷を入れてポーションコーヒーを注ぎ、最後に炭酸水を注ぎます。

スッキリ飲みたいときは炭酸水を多めに(おすすめは150mlほど)、コーヒーをしっかり感じたいときは少なめ(約100ml)にするのがポイントです。

220829RM04

アイスコーヒーの苦味と炭酸のシュワシュワ感が絶妙なバランスで、ゴクゴクいけちゃう「スパーリングコーヒー」の完成!

コーヒーブレイクに、水分補給に、欠かせないドリンクになりそうです。ポーションタイプのコーヒーは、飲みたいときにすぐ飲めて本当に便利ですよ。


スタバの人に教えてもらった「アイスオレンジコーヒー」

220829RM05

氷を入れたグラスにコーヒーをドリップし、急冷式で淹れたアイスコーヒーを用意します。

220829RM06

次に、厚さ5mm~1cmぐらい(好みの厚さでOK)にスライスしたオレンジを用意します。

見た目がいいので皮付きのものを使用(皮はよく洗います)しましたが、皮が気になる人はむいて使ってもOK。

瓶の壁に沿わせるように、スライスしたオレンジを4枚入れます。

220829RM07

あとは、こんなふうにコーヒーを注ぐだけ。

220829RM08

仕上げにガムシロップを1つ分入れて、瓶を回したら完成。30分ぐらい経つと、コーヒーにオレンジの香りと味が移って爽やかさが倍増します(使うオレンジの種類により、時間は調整してください)。

コーヒーを一口飲むと、鼻からオレンジのいい香りが抜けます。おいしすぎる!


見た目も涼しい「透明コーヒーセット」

220829RM09

透明コーヒーセットを始めるにあたって購入したのが、KINTOのコーヒージャグ

収納のしやすさを考えて、コーヒー2杯分のタイプをチョイスしました。これと、4杯分のタイプも販売されています。

ゆるやかなフォルムを眺めるだけでも心地いいですが、耐熱ガラスでできているため電子レンジ・食洗機・乾燥機に対応している点は心強い!

220829RM10

側面の白い目盛りと、底面のロゴデザイン以外には装飾が施されていません。必要最低限の情報量に感じる潔さ。

220829RM11

側面の白丸まで注ぐと1杯分(300ml)の量になりますが、試しにすり切り一杯まで水を入れたところ実測値は約500mlでした。

220829RM12

完成しました。

ジャグを横に揺らすと、カランカランという音が涼しさを演出してくれます。

220829RM13

コーヒーセットを透明で揃えると、味や音だけではなく、見た目からも涼しさを味わえておすすめです。


注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

(文・ROOMIE編集部)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み