無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「死なないクラゲ」の遺伝子を解析…染色体を保護する変異を持っていた

ベニクラゲは成熟して成体になった後に老化プロセスを逆転させ、ポリプに戻ることができる。

ベニクラゲは成体になった後に老化プロセスを逆転させ、ポリプに戻ることができる。

Ian Gavan/Getty Images

  • 科学者たちは、老化を逆転させることができるクラゲの一種、ベニクラゲ(T. dohrnii)のゲノムをマッピングした。
  • 研究チームは、この発見が老化の仕組みの理解につながると期待している。
  • このクラゲは成体になっても、幼体の状態に戻ることができる。

スペインの科学者たちが、成体になっても幼体に戻ることで老化による死から逃れることができるクラゲのゲノム解読に成功した。

この研究成果の論文が、2022年8月29日付けで「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。研究チームは、今回の発見が人間の加齢や加齢に伴って直面する健康状態について、より深く理解するための手がかりになることを期待していると記している。

「不老不死のクラゲ」と呼ばれるベニクラゲ(T. dohrnii)は、他のクラゲと同じようなライフサイクルをたどる。そのうちの1つの段階で、ポリプ(基本的には茎状の組織)として海底にある石などに付着して生きようとする。

条件が整えば、自らのクローンを作って(無性生殖で)繁殖し、最終的には「メデューサ」のような、一般的に思い浮かべるクラゲの形の成体になる。

ほとんどのクラゲはこのメデューサの段階に達すると、精子と卵子を水中に放出して有性生殖を行えるようになる。そして普通のクラゲはこの段階を過ぎると死んでしまうのだが、ベニクラゲは成体になった後に老化のプロセスを逆転させ、ポリプに戻ることができるという。

研究者らは、ベニクラゲの不老不死の仕組みを解明するため、そのゲノムをアンチエイジング能力を持たない近縁種のクラゲのゲノムと比較した。その結果、ベニクラゲのゲノムには、DNAの保護と修復に関連する遺伝子が2倍もあることが明らかになった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み