無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの富裕層の消費支出が減少傾向…景気後退をもたらす危険性も

ロサンゼルスのローレックス店舗前

カリフォルニア州ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるパテックフィリップとロレックス。2020年8月1日撮影。

Bauer-Griffin/RBL/Getty Images

  • アメリカの富裕層はぜいたくな買い物を減らし、いつも以上にディスカウントストアで買い物をしている。
  • バンク・オブ・アメリカは、年収12万5000ドル以上の世帯がこの夏、全体的に支出を減らしていると発表した。
  • 同行は、富裕層の支出は経済にとって「極めて重要」であり、これ以上の落ち込みはリスクをもたらす可能性があるとしている。

インフレは、いつもならそれを払いのける可能性が高いアメリカ人にまで追いついてきている。

この数カ月で消費環境は大きく変化した。高いインフレ率はアメリカ人の貯蓄の大半を一掃し、経済成長の鈍化は不況が差し迫っているという懸念を増幅させている。これでは景気の低迷が続くのも不思議ではない。

しかし一番節約しているのは、最も裕福な家庭だという。バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)のクレジットカードとデビットカードのデータによると、年収12万5000ドル(約1733万円)以上のアメリカ人は2022年5月、6月、7月の各月で裁量的支出を減らしているという。裁量的支出は、食料品、ガソリン、衣料品以外の支出を指す。

裁量的支出の表

食料品、ガソリン、衣料品を除く1世帯あたりのカード利用額(所得階層別)。最高所得者層では、裁量的支出は3カ月連続で縮小している。

Bank of America

この後退はいくつかの分野で生じている。年収12万5000ドル以上の世帯は、年収5万ドル(約693万円)以下のアメリカ人よりも早く飛行機による旅行への支出を減らしている。また、ホテルへの支出もここ数カ月で同様に減少している。

高級品の価格にもその消費の低迷が表れている。高級腕時計のオンラインマーケットプレイス「クロノ24(Chrono24)」のデータによると、ロレックス(Rolex)の再販価格は2022年3月のピーク時から下落しており、長く愛されてきた時計への需要が落ち着いてきていることを示している。

アメリカの富裕層は高価な腕時計から離れていく一方で、低価格で知られる小売チェーンでの消費を増やしている。ワンダラーショップの最大手、ダラー・ゼネラル(Dollar General)のトッド・バソス(Todd Vasos )CEOは、2022年8月の決算説明会で「第2四半期は、当社の店舗で買い物をする高所得世帯が増えたと」述べ、この増加は「お得感を求めてダラー・ゼネラルを選ぶ消費者が増えていることを反映している」と付け加えた。

ロレックス デイトナの価格推移表

ロレックス デイトナの価格推移を表すグラフ。

Chrono24

同様にウォルマート(Walmart)のダグ・マクミロン(Doug McMillon)CEOも、アメリカ人がインフレ対策をした結果、第2四半期は富裕層の需要が高まったと述べている。

「人々は今、所得水準に関係なく、価格を非常に重視している。これが長引けば長引くほど、その傾向は強まるだろう」とマクミロンはCNBCの番組で述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み