無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


日本酒もワインをもっと美味しく。電子レンジ対応の「保温とっくり」で晩酌の満足度アップ

DSC_0991

photo:西山 綾加

こちらの記事は、ライフハッカーから一部編集の上、転載しています。

夏の暑さも過ぎ去り、少しずつ秋の気配がしてきた。

少しひんやりとしてくる食欲の秋には、季節食材と合わせて自宅でお酒を楽しみたいもの。

そこで今回は、お酒の飲み頃をキープしてくれる「ON℃Zone(オンドゾーン)飲みごこちとっくり」で秋の晩酌を先取りして試してみた。

辛口純米酒をさっそく熱燗にしてみる

DSC_0998

photo:西山 綾加

熱燗には、一般的に純米酒や本醸造酒などの精米歩合が低めのお酒が向いているとされている。

特に純米酒は温めることで旨みが増し、味わい深くなるとか。

ということで、今回は辛口の純米酒をチョイス。アテも用意して準備万端だ。

DSC_1008

photo:西山 綾加

ON℃Zone(オンドゾーン)飲みごこちとっくり」は、内側が耐熱ガラス、外側がステンレス製の保温器という二重構造になっている。

内瓶のゴムまでが1合の目安、上部の注ぎ口のくびれまでが2合の目安。

一目で量がわかる構造が便利だ

DSC_1010

photo:西山 綾加

そのまま内瓶を電子レンジへ。外瓶は電子レンジ非対応なので必ず外そう。

説明書によると、1合で500Wで1分〜1分半が目安とのこと。今回は電子レンジの熱燗モードを使用した。

飲みごろ温度を保つこと30分の優秀さ

DSC_1012

DSC_1016

photo:西山 綾加

温めた内瓶を外瓶に戻しいれ、おちょこに注ぐ。内瓶は熱々だが、外瓶を取り付けているので熱くないのも良いところ。

傾けると内瓶が外れるのではと心配になったが、1合の目安にもなっているゴムが滑り止めの役割を果たしているようで、意外と安定感があった。

さて、気になる保温効果だが、ちびちびと飲み続けること30分。

個人差はあると思うが、とっくりの中のお酒はまだ飲みごろ温度を保っていてく

すぐにぬるくなり美味しさが損なわれてしまうイメージの熱燗だが、「ON℃Zone(オンドゾーン)飲みごこちとっくり」のおかげで長くじっくりと楽しめたのだ。

熱燗だけじゃない。ホットワインもかんたんに

飲みごこちとっくりを使って、ワインやミルクを温めているというアマゾンレビューのコメントを見つけたので、筆者もホットワインを試しに作ってみた。

DSC_0989

photo:西山 綾加

用意するのは赤ワインとオレンジジュース、仕上げ用のシナモンパウダー。

DSC_0994-1

photo:西山 綾加

赤ワインとオレンジジュースを1:1で入れ、電子レンジで熱燗と同じ要領で温める。仕上げにシナモンをお好みでふりかければ完成! クリスマスのホームパーティでも活躍の予感。

保冷効果もあるので、冷酒などにもOK。他にも、いろいろな楽しみ方ができそうだ。

ON℃Zone(オンドゾーン)飲みごこちとっくり」の和テイストながらもモダンでスタイリッシュなデザインが気に入った。

洋風テーブルの上で和風なおちょこと並べてもそれほど違和感がないだろう。

温かいお酒が飲みたくなる時期に合わせて、汎用性の高いとっくりをご自宅に取り入れてみては。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

(文、写真・西山 綾加/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み