無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


欧州宇宙機関、「幻の銀河」の最新画像を公開…ジェームズ・ウェッブとハッブル、両望遠鏡の画像を合成

ウェッブ望遠鏡とハッブル望遠鏡の画像を合成して作成した「幻の銀河」の画像。

ウェッブ望遠鏡とハッブル望遠鏡の画像を合成して作成した「幻の銀河」の画像。

ESA/Webb, NASA & CSA, J. Lee and the PHANGS-JWST Team; ESA/Hubble & NASA, R. Chandar

  • 欧州宇宙機関(ESA)が「幻の銀河」の鮮明な画像を公開した。
  • この銀河の素晴らしい画像は、ハッブル望遠鏡とジェームズ・ウェッブ望遠鏡の画像を組み合わせて作り出された。
  • この画像を入手する機会をもたらしたのは民間の科学者だという。

欧州宇宙機関(ESA)が2022年8月29日に公開した新しい画像は、地球から3200万光年の距離にある「幻の銀河」と呼ばれるM74の中心部を映し出している。

この画像は、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)とジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の2つの望遠鏡の画像を組み合わせて作成したものだ。

この銀河は「グランドデザイン渦巻銀河」と呼ばれる種類に属し、中心から枝分かれした腕が際立ってよく見えるとESAは述べている

2つの望遠鏡の画像を組み合わせた。

ESAは3枚の画像を公開した。左がハッブル、右がジェームズ・ウェッブの画像。

ESA/Webb, NASA & CSA, J. Lee and the PHANGS-JWST Team

ESAは、ウェッブ望遠鏡の高い解像度によって「幻の銀河」の渦状腕にある「ガスと塵の繊細なフィラメント」を検出することができたとしている。また、銀河の中心部にガスがないため、銀河の中心部を鮮明に映し出すことができたという。

この画像は、19の「星形成銀河」で星形成の初期段階についてより詳しく知るための大規模な取り組みの一環として撮影されたとESAは述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み