無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ニューヨーク証券取引所で「KPOP ETF」の取引開始…ニッチなETFの成功事例になれるか

ジェームズ・コーデン(左)とBTS(右)

アメリカCBSのトーク番組「レイトx2ショー with ジェームズ・コーデン(The Late Late Show With James Corden)」に出演したBTS。

Terence Patrick/CBS via Getty Images

  • K-POPを対象としたETFの発行で、アメリカの投資家らは韓国のエンタテインメント産業に触れることになる。
  • KPOP and Korean Entertainment ETFは9月1日、ニューヨーク証券取引所での取り引きが開始された。
  • このKPOP ETFの取り引き開始は、超ニッチなテーマを投資家に提案するというアメリカ金融市場のトレンドに乗ったものだ。

お気に入りのK-POPグループの最新アルバム発売に対して、あなたは「強気」だろうか。そのための上場投資信託(ETF)がある。

それは、「KPOP and Korean Entertainment ETF(KPOP ETF)」で、超ニッチなテーマ投資戦略を個人投資家などに提案するアメリカ金融市場のトレンドを継続するものだ。

CTインベストメンツ(CT Investments)が9月1日にニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)で取り引きを始めたKPOP ETFは、日本の証券コードに相当するティッカー・シンボルは「KPOP」で、韓国取引所(Korea Exchange)に上場しているエンタテインメントやインタラクティブ・メディア事業を行う企業に投資する。

CTインベストメンツのイ・ジャンウォン(Jangwon Lee)CEOは「K-POPは世界的なキーワードになっており、韓国だけでなく世界中のファンの間でメインカルチャーの一部となっている。我々はこのETFによって、K-POPを愛する世界中のファンにK-POP業界の成長と発展に参加する機会を、また、投資家にはグローバル・コンテンツ業界の未来を牽引する韓国上場企業へのアクセスを提供する」と述べた

韓国エンターテインメント業界の成長の可能性についてイCEOは、韓国企業から出たCDの世界的な売り上げが、2012年のわずか2400万ドル(約33億6700万円)から、2021年には2億2100万ドル(約310億円)に膨れ上がったことを強調した。

KPOP ETFは、投資家に対して非常に具体的なテーマが提案されるETFの最も新しい事例だ。ETFは近年、宇宙旅行(UFO)からミーム株(MEME)、政治的投資(MAGA)まで、あらゆるものを対象にして発行され、その成功の度合いもさまざまだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み