無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


8月までの株価回復「スーパーバブルに酷似」米GMO創業者が再警告「50%以上の劇的下落」予測

ジェレミー・グランサム

「伝説の投資家」ジェレミー・グランサム。1月の「スーパーバブル」発言時には、日本でも数多くのメディアがその警告を報じた。

Boston Globe/Getty Images

米資産運用会社グランサム・マヨ・バン・オッタールー(GMO)の共同創業者で投資業界のレジェンド、ジェレミー・グランサムは最新の顧客向けコメンタリー(8月31日付)で、米国株が置かれた状況の深刻度に疑問の余地なしと指摘している。

2000年のドットコムバブル崩壊を予測したグランサムは、米株式市場が1920年代以降で4度しか経験していない「スーパーバブル」状態にあるとの主張を繰り返し(初出は1月20日付の調査レポート)、インフレや金利上昇などが進んで以前より状況は悪化したと指摘する。

6月中旬から8月中旬にかけて、株価は力強い上昇を記録し(いわゆる「サマーラリー」)、年初来の下落分をある程度取り返すことに成功した。

しかし、グランサムによれば、スーパーバブル(株式市場のバリュエーションが過去の平均値から標準偏差2.5シグマ超の状態)は崩壊に向かって過去の事例とまったく同じ筋道を歩んでいるように見えるという。

過去3回のスーパーバブル(1929年の世界恐慌、1973年の石油危機、2000年のドットコムバブル)時はいずれも、最初の大幅下落から一度は40~60%の回復を見せ、その後再び下落するという流れをたどったからだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular