無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ギザの大ピラミッド建設の謎を解明か…古代の植物の花粉がカギを握っていた

ピラミッドの観光客

エジプトのギザで写真撮影をする観光客。ピラミッドは砂漠に囲まれており、どのようにブロックが運ばれてきたのかが長年の謎だった。2021年10月21日撮影。

Wang Dongzhen/Xinhua/Getty Images

  • 古代エジプト人は、現在の砂漠地帯に壮大なギザのピラミッドを建設した。
  • 何トンもの重い石のブロックをどうやってピラミッドの場所まで運んだのか、長い間謎だった。
  • 古代の花粉を追跡することによって、科学者たちは数千年前に消滅したナイル川の支流を発見した。

約4500年前にはギザの大ピラミッド群のすぐ近くを通っていたが、今は干上がってしまっているナイル川の支流を研究者たちが発見した。

この発見は、2022年8月29日、学術雑誌『米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)』に掲載、発表されたもので、現在は砂漠になっている4マイル(約6.4キロメートル)の道のりを、古代エジプト人たちがどうやって何トンもの重いブロックを運んだのかを説明するものだ。

「このナイル川の支流がなければ、ここにピラミッドを建てることは不可能だった」と、この研究の著者で地理学者のハダー・シーシャ(Hader Sheisha)はニューヨーク・タイムズ(NYT)に語っている。

スフィンクス像

ギザのピラミッド群にあるスフィンクス像。2019年11月20日撮影。

KHALED DESOUKI/AFP via Getty Image

今なお科学者を悩ませる4500年前の驚異の建築物

カイロ郊外にあるギザのピラミッドは、その大きさと完璧な幾何学模様、複雑な装飾でエジプトの黄金時代のファラオの権力を示す役割を担っていた。

この遺跡群は3つのピラミッドとスフィンクスから構成されており、紀元前2560年から紀元前2540年の間に建てられたクフ王(Khufu)、カフラー王(Khafre)、メンカウラー王(Menkaure)の豪華絢爛な霊廟だ。

「大ピラミッド(Great Pyramid)」と呼ばれているクフ王のピラミッドは最初に建設されたもので、3つのピラミッドの中で最も大きく、石灰岩と花崗岩の推定230万個のブロックから構成されている。ナショナルジオグラフィック(National Geographic)によると、各ブロックの重さは2.5トンから15トンあるという。

大ピラミッドは「古代の七不思議」の中で最も古く、ほぼ無傷で残っている唯一のものだ。当初は約481フィート(約146メートル)の高さがあり、約4000年間、人工建造物としては世界一の高さを誇っていた。

しかし、ナイル川はピラミッドから4マイル(約6.4キロメートル)ほど東にある。この巨大な石のブロックをどうやってピラミッドの建設現場まで運んだのか、科学者や考古学者は長い間その謎に悩まされてきた。

グーグルマップ

ギザの三大ピラミッドは、ナイル川から約6.4キロ離れたところにある。

Google maps

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み