無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


今後はよく検討してから転職を考えるべき…「大退職」の時代も終わりかもしれない

オフィスに立つ女性

PixelsEffect/Getty Images

  • グラスドアのエコノミストによると、今はまだ新しい仕事を探すのに最適な時期だという。
  • だが雇用市場は落ち着きつつあるようで、転職の際には「よく考えてリスクを取ることが重要」という。
  • アメリカの8月の非農業部門雇用者数は31万5000人増となり、7月の求人件数は1120万件だった。

あるエコノミストによると、アメリカの雇用市場は依然として好調だが、転職を考えている人は退職の前によく調べて検討すべきだという。

アメリカ労働省労働統計局(BLS)が2022年9月2日に発表した雇用統計で、8月の雇用者数は31万5000人増と、7月の52万6000人増より低下したことがわかった。だが求人件数は依然として高いままで、7月は1120万件と雇用市場は引き続き「とても熱い」とグラスドア(Glassdoor)のリード・エコノミストを務めるダニエル・ザオ(Daniel Zhao)がInsiderに語っている。

「インフレが賃金上昇を食い潰しており、雇用市場は落ち着きつつあるが、依然として転職には最適な時期だ」とザオは述べた。

「インフレに対抗して給料を上げる方法の一つは転職することだ。転職は労働者が最も力を発揮できるときだ」

だが、今から仕事を辞めて新しい仕事に就くことを考えている労働者は慎重になる必要があるかもしれない。

「私がアドバイスしたいのは、よく考えてリスクをとることが重要ということだ」とザオは語った。

「なぜなら、雇用市場が好調だが、落ち着いてきているようにも見える。だからこそ労働者は自分が行く会社が経営的に安定しているか、業界が成長し続けるか、よく調べることが重要になる」

例えば、テック企業の中には従業員を解雇したところもあるが、フォード(Ford)セブンイレブン(7-Eleven)などの例のように、解雇を発表している企業すべてがテック企業とは限らない。以前Insiderで報じたように、雇用ペースを落としたり、中止したりしている企業もあり、転職はより難しくなってきている可能性がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み