無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


不動産投資歴10年で年間5000万円の収益を得る夫婦。1軒目を買えたのは「たまたま」

ケニー・シンプソンとクリストル・ムーア夫妻

クリストル・ムーアとケニー・シンプソン夫妻は、想定外の出来事のおかげで、最初の家を購入することができた。その後は堅実な投資によって不動産ポートフォリオを拡大している。

Courtesy of Kenny Simpson and Krystle Moore

42歳のケニー・シンプソン(Kenny Simpson)と38歳のクリストル・ムーア(Krystle Moore)夫妻は、不動産業界で2人合わせて35年の経験を積んできた。

現在2歳と4歳の娘と共にカリフォルニア州サンディエゴに住む2人は、4物件47戸を所有しており、その市場価値は合計約1900万ドル(約27億1700万円、1ドル=143円換算)にのぼる。Insiderが書類を確認した。

このポートフォリオは年間36万ドル(約5100万円)以上のキャッシュフローを生み出し、さらに2人が権利の一部を所有する他の不動産投資先からも、年間約2万4000ドル(約340万円)の収入があるという。

夫のシンプソンは現在、自身が経営するザ・シンプソン・チーム(The Simpson Team)で住宅用不動産の融資業に携わり、妻のムーアは商業融資を専門とするパシフィック・ショア・キャピタル(Pacific Shore Capital)を経営している。ウェブサイトによると、両社はそれぞれ10億ドル(約1430億円)以上の融資実績を持つ。

華やかな投資歴を持つ2人だが、もちろん最初から不動産を所有していた訳ではない。2人が不動産投資の世界に足を踏み入れたのは10年前で、しかも最初の物件を手に入れられたのは、ほとんど偶然からだった。

売主のミスで初めての家を手に入れる

4歳と2歳の娘と共に一家はサンディエゴに暮らしている。

Courtesy of Kenny Simpson and Krystle Moore

シンプソンとムーアが出会ったのは2008年末、住宅市場が大暴落しているさなかのことだった。当時、シンプソンは住宅ローンの融資担当者、ムーアは住宅ローンの仲介を担当していた。2人とも、出会う前からいつか不動産投資をやりたいと思っていたという。

それから4年、2人はついに物件の購入申し込みを行った。希望する地域の物件や賃貸に関する情報をくまなく調べた結果、サンディエゴのサウス・ミッション・ヒルズ(South Mission Hills)というエリアの一軒家に狙いを絞った。価格は54万5000ドルで、頭金は3.5%(約1万9000ドル)という条件だった。

だが、同じ物件に興味を持った別の買い手が頭金40%を提示した。売り手は当然そちらを選ぶだろうと思っていたところ、なんと売り手が誤ってシンプソンとムーアの代理人に契約成立の書類を送ってしまったのだ。

「というわけで、たまたま売主のミスがあってその家を手に入れることができたんです」とムーアは当時を振り返る。

その後2年間で、2人は合計30万ドルもの大金をこの家の改築につぎ込んだ。うち6万ドルは自分たちの懐から、残りはローンを組んで支払った。当時は2人ともまだフルタイムとして週80〜100時間働いていたため、リフォームの仕事はもっぱら夜や週末だ。設計は自分たちで行い、施工は業者に依頼した。

2014年、2人はこの家を134万ドルで売却。この販売価格は近隣では最高額となった。物件の頭金を含めると合計8万ドル近くの自己資金をつぎ込んだが、約50万ドルもの売却益を得た。

急速な成長、どう実現したか?

だが、カリフォルニアの不動産価格は高い。売却益だけで新たに集合住宅を購入する余裕はなかった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み