無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


6月株価上昇、8月下落を完全予測したストラテジスト「最悪期過ぎた」と最新分析。根拠示す「5つのチャート」

トゥルイスト・バンク Truist Bank

夏場の株価上昇も勢いが消え、再び冬に突入かと落胆する投資家たちに、今度こそ「押し目買い」の好機が迫っているのかもしれない。

Spencer Platt/Getty Images

米銀大手トゥルイスト・バンク(Truist Bank)のキース・ラーナー共同最高投資責任者(Co-CIO)は、8月下旬以降の株価下落はすでに行き過ぎていると分析する。それでも、まだ警戒の必要性は消えないという。

最近の顧客向けレポート(9月1日付)でラーナーはこう指摘する。

「短期的に見れば、いくつかの指標が売りの行き過ぎを示唆しています。

もちろん、売られ過ぎの相場がさらなる売られ過ぎに向かう可能性はありますが、ここまで株式市場へのエクスポージャーを縮小するよう強く推奨してきた上で今回の急激な調整局面を迎え、これ以上の切り詰めはさすがに必要ないと考えています。少なくとも短期的には」

ラーナーは市場の動きを正確に予測する秘訣のような何かをつかんでいるのかもしれない。

4月上旬には小型株の20%下落を予想して事前に格下げ、6月中旬には市場の底入れを正確に予測。8月上旬には、S&P500種株価指数の急落直前に留意すべきリスクを列挙して警鐘を鳴らした

直近だけでそれだけの実績を誇るラーナーの「下落は行き過ぎ」分析を聞いたら、強気派の投資家たちは手を叩いて喜ぶことだろう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular