無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ボタン一つで家具が変形。狭い家でも快適に暮らせるシステム家具

「クラウドベッド」の価格は8000ドルから1万1000ドル。

「クラウドベッド」の価格は8000ドルから1万1000ドル。

Ori

  • ニューヨークを拠点とするOriは、アパート用の拡張可能な家具を製造している。その価格は最高で1万1000ドルだ。
  • 同社によると、人は妥協することなく生活できるテクノロジーを求めているという。
  • 創業者のアシエール・ラレアは、不動産価格の高騰によって同社の製品がより魅力的なものになっていると言う。

ニューヨークとボストンを拠点とする家具会社のOriは、住宅価格が高騰する中、狭い家でもより広いスペースを確保できるよう、拡張可能な家具を製造している

ニューヨークとボストンを拠点に拡張式家具を製造するOriは、住宅価格が高騰する中、狭い家でもより広いスペースを確保できるよう、拡張可能な家具を製造している

Ori


同社は、「ポケットクローゼット」「ポケットオフィス」「ポケットスタジオ」「クラウドベッド」の4種類の拡張式家具を提供している。価格は5000ドル(約70万円)から1万1000ドル(約150万円)

同社は、「ポケットクローゼット」「ポケットオフィス」「ポケットスタジオ」「クラウドベッド」の4種類の拡張式家具を提供している。価格は5000ドル(約70万円)から1万1000ドル(約150万円)

Ori


「アメリカでは住宅がますます手の届かないものになっている。それぞれの世代が求める住宅とその価格が、これまでにないほど乖離している。そのため、空間を有効活用するテクノロジーなどの新たな解決策が求められている」とOriの創業者兼CEOのアシエール・ラレア(Hasier Larrea)はInsiderに語っている

「アメリカでは住宅がますます手の届かないものになっている。それぞれの世代が求める住宅とその価格が、これまでにないほどマッチしなくなっている。そのため空間を有効活用するテクノロジーといった新たな解決策が求められている」とOriの創業者兼CEOのヘイジャー・ラリア(Hasier Larrea)はInsiderに語っている

Ori


「この空間テクノロジーによって、コマンドによって壁が動き、部屋が現れたり消えたりする。暮らし方に新たな可能性が開かれるのだ」とラレアは付け加えた

「これまでとは異なり、この空間テクノロジーは実際にあなたを取り囲む3次元すべてを変えることができる。コマンドによって壁が動き、部屋が現れたり消えたりする。暮らし方に新たな可能性が開かれるのだ」とラリアは付け加えた

Ori


ラレアによると、拡張可能なアパートは待ち望まれていたという。「不動産は世界で最も古い産業の1つであり、これまでのやり方を変えるのは難しい。変形可能な空間にする手法は新しいものではないが、あまりにも長い間、時代遅れのオーダーメイドのままだった」

ラリアによると、拡張可能なアパートは進化が遅れているという。「不動産は世界で最も古い産業の1つであり、これまでのやり方を変えるのは難しい。変形可能な空間にする手法は新しいものではないが、あまりにも長い間、時代遅れのオーダーメイドのままだった」

Ori


住宅価格の高騰を背景に、タイニーホームに目を向ける人が増えている。伝統的な家を買う余裕がない人でも、タイニーホームであれば不動産の所有が可能になる

Molivingが製造したタイニーホーム。

Molivingが製造したタイニーホーム。

David Mitchell


Fidelity National Financialが2020年に行ったアンケート調査によると、回答者の半数以上が、タイニーホームに住むことを検討すると回答している

New FrontierのDavid Latimerがデザインしたタイニーホーム。

New FrontierのDavid Latimerがデザインしたタイニーホーム。

Studio Bull/New Frontier Design

以下で、Oriの拡張可能なアパートのバリエーションを見てみよう。


「ポケットスタジオ」には、引き出し式のテーブルやベッド、クローゼットがあり、娯楽スペースも備えている

「ポケットスタジオ」には、引き出し式のテーブルやベッド、クローゼットがあり、娯楽スペースも備えている

Ori


この造り付け家具は、特にリモートワークをしていて、仕事を終えた後にデスクを片付けたい人にとって便利だ

この造り付け家具は、特にリモートワークをしていて、仕事を終えるとデスクを片付けたい人に便利だ

Ori


一方、「ポケットオフィス」は、独立したスペースを確保することで、仕事をする場とくつろぐ場を分けることができる

一方「ポケットオフィス」は、独立したスペースを確保することで、仕事をする場とくつろぐ場を分けることができる

Ori


「これまでとは異なり、この空間テクノロジーは実際にあなたを取り囲む3つの次元すべてを変えることができる」とラレアは言う

「これまでとは異なり、この空間テクノロジーは実際にあなたを取り囲む3次元すべてを変えることができる。コマンドによって壁が動き、部屋が現れたり消えたりする。暮らし方に新たな可能性が開かれるのだ」とラリアは言う

Ori


「人々は、家を『スマート』にするためだけのテクノロジーを求めているわけではない。好きな場所で、好きな空間で、妥協のない暮らしを実現するためのテクノロジーを求めている」

「人々は、家を『スマート』にするためだけのテクノロジーを求めているわけではない。好きな場所で、好きな空間で、妥協のない暮らしを実現するためのテクノロジーを求めている」

Ori


暮らしの環境をより効率的にしたい、あるいは単に空間をフルに活用して暮らしたいという人にとっては、Oriの「クラウドベッド」がぴったりだろう。上下に動き、ベッドルームにもリビングにもなる。価格は8000ドル(約110万円)から1万1000ドル(約150万円)

暮らしの環境をより効率的にしたい、あるいは単に空間をフルに活用して暮らしたいという人にとっては、Oriの「クラウドベッド」がぴったりだろう。上下に動き、ベッドルームにもリビングにもなる。価格は8000ドル(約110万円)から1万1000ドル(約150万円)

Ori


「都市化の進行、消費社会、住宅の耐久性の面から、テクノロジーを駆使したアパートは実現可能であるだけでなく、魅力的なものになっている」とラレアは述べている

「都市化の進行、消費社会、住宅の耐久性の面から、テクノロジーを駆使したアパートは現実的であるだけでなく、より魅力的なものになっている」とラリアは述べていた

Ori

[原文:Expandable apartment systems are the latest twist on tiny homes as people look for affordable homes — take a look inside

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み