無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ポーランドで17世紀の「吸血鬼」を発見…首に鎌、足には南京錠。吸血鬼退治の儀式か

ポーランドで発見された、喉に鎌を置かれた女性の「吸血鬼」。

ポーランドで発見された、喉に鎌を置かれた女性の「吸血鬼」。

Poland.Mirosław Blicharski

  • ポーランドにある17世紀の墓地で、女性の「吸血鬼」の骸骨が発見されたと、Daily Mailが報じた。
  • 発掘調査を率いたダリウシュ・ポリンスキー教授によると、この骸骨は発見された時、墓から出てこないように拘束された状態だったという
  • 遺体は喉元に鎌を置かれ、足の親指に南京錠がかけられていた。

ポーランドの17世紀の墓地から、女性の「吸血鬼」の骸骨が発見された。死から蘇らないように、彼女の首には鎌が置かれていた。

ニコラス・コペルニクス大学のダリウシュ・ポリンスキー(Dariusz Poliński)教授が率いた考古学的発掘調査で、絹の帽子をかぶり、前歯が突き出ている遺体が発見されたとDaily Mailが報じている

ポーランドで発見された、喉に鎌を置かれた女性の「吸血鬼」。

ポーランドで発見された、喉に鎌を置かれた女性の「吸血鬼」。

Mirosław Blicharski

「鎌は平らにではなく、死者が起き上がろうとしたら、頭を切り落とすか、首を傷つけるような置き方がなされていた」とポリンスキー教授はDaily Mailに語った

スミソニアン誌によると、11世紀、東欧の市民は吸血鬼を恐れ、死者に吸血鬼退治の儀式を行うようになった。「死んだ人の中には、血を吸うモンスターとして墓から這い出てきて、我々を恐怖に陥れる者がいる」と信じていたのだ。

17世紀にはこのような埋葬方法が「吸血鬼の発生が報告されたためにポーランド全土で一般的になった」とScience Alertは伝えている

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み