無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イギリスの住宅で260枚以上の金貨を発見…オークションでの予想価格は29万ドル以上

18世紀に建てられた民家のキッチンの下から発見された金貨の一部。

18世紀に建てられた民家のキッチンの下から発見された金貨の一部。

Spink & Son

  • 17世紀から18世紀にかけての金貨260枚以上が、2019年にイギリスにある家の床下から発見された。
  • この金貨は、16世紀から18世紀にかけて勢力を誇った商家のものである可能性が高い。
  • オークション会社のSpink&Sonによると、このコインは2022年10月のオークションで少なくとも29万ドルの値がつく可能性があるという。

2019年、18世紀に建てられた住宅の所有者がキッチンを改装した際、260枚以上の金貨を発見した。2022年10月に開催されるオークションで、その金貨のコレクションに29万ドルの(約4150万円)値がつく可能性があることが分かった。

ロンドンのオークション・収集品会社、Spink&Sonのプレスリリースによると「ほぼすべてのコインが当時のポンド硬貨で、これまでイギリスで発見された18世紀のイギリスの金貨の中でも最大級の価値を持つもの」だという。

この金貨は、ジェームズ1世(イングランド王在位:1603-1625年)からジョージ1世(グレートブリテン王在位:1714-1727年)までが統治した時代のもので、ノース・ヨークシャーで改築中の家のコンクリートや床板の下にあった塩の容器から発見された。プレスリリースによると、その容器は「ソフトドリンクの缶より小さい」ものだったという。

1610年から1727年までの金貨で、現在でいうと約10万ポンド(約1646万円)相当の貨幣価値があるという。

「このような目立たない場所から、本当に素晴らしい、思いがけない発見があった」とSpink&Sonのシニアスペシャリスト兼オークショニアであるグレゴリー・エドムンド(Gregory Edmund)はプレスリリースで述べている。「この素晴らしい発見を共有し、後世の人々のためにこの埋蔵品の調査ができることは非常に名誉なことだ」と彼は述べ、「Ellerby Area Hoard」と名付けられたこれらの金貨は2022年10月7日に入札が行われる予定であることを明らかにした。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み