無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


熱帯低気圧が発達し台風発生の可能性、発生すれば台風12号。沖縄に影響か

台風12号

ウェザーニュース

9月7日(水)15時現在、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧について、気象庁は24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。次に台風が発生すれば台風12号と呼ばれることになります。

発達して強い勢力で沖縄に向かう可能性が高くなっています。今後の情報に注意してください。

▼熱帯低気圧 9月7日(水)15時

中心位置 フィリピンの東

移動 ほとんど停滞

中心気圧 1004 hPa

最大風速 15 m/s (中心付近)

最大瞬間風速 23 m/s

>>最新の台風情報

沖縄付近を通過し東シナ海に北上か

気象庁の進路予報をみると、この熱帯低気圧は西寄りに進んで沖縄の南に達することが予報されています。まだ進路の誤差はかなり大きいため、予報円が大きくなっています。

進路図の破線で示された「予報円」は、その時刻に台風・熱帯低気圧の中心が到達する確率の高い範囲を示しています。予報円が大きいことは進路の誤差が大きいことを示していて、台風・熱帯低気圧の勢力や大きさの変化を表すものではありません。

世界各国の気象機関が計算した進路のシミュレーション結果

ウェザーニュース

この図の細い線1本1本は、世界各国の気象機関が計算した進路のシミュレーション結果をあらわします。アンサンブル予報という手法の過程で得られるもの(メンバー)で、状況次第で進路にかなりの幅があるということをイメージするために掲載しています。

これらのメンバーを比較するとばらつきが大きい状況が見て取れますが、その中では沖縄方面から東シナ海へ向かう進路をとるメンバーが多いため、この方面に進む確率がやや高くなっていると考えられます。

沖縄をはじめ日本国内に影響を及ぼす可能性が考えられますが、現時点で明確な影響を断言するのは難しい状況です。今後の台風情報等を随時確認するようにしてください。

>>GPS検索 ピンポイント週間天気予報

>>最新の台風情報

ウェザーニュースアプリでお天気アラームを設定すると、今いる場所の天気・台風・地震・津波などの情報をいち早くプッシュ通知で受け取れます。

台風の暴風域に入る確率

5日先までに台風の暴風域に入る確率が3%以上の地域は以下の通りです。(気象庁)

鹿児島県 3 %

種子島・屋久島地方 3 %

奄美地方 11 %

沖縄本島地方

本島北部・中南部 12 %

慶良間・粟国諸島 11 %

久米島 10 %

大東島地方 5 %

宮古島地方 10 %

八重山地方

石垣島地方 8 %

与那国島地方 5 %

9月は本州方面に影響する台風の多い時期

平年の台風発生数

平年の台風発生数

ウェザーニュース

8月は台風7〜11号が発生して、次に台風が発生すると9月1つ目の台風で「台風12号」と呼ばれることになります。

9月の台風発生数の平年値は5.0個で、8月に次いで台風発生の多い月です。そして秋はジェット気流の位置の変化などにより、本州方面に影響を及ぼす台風が多い時期になります。台風への備えをしっかりとしておきましょう。

>>気圧変化·頭痛対策の参考に<天気痛予報>

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2022年9月7日公開の記事

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニューズが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み