無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


今が転職で昇給を得る最後のチャンスかも…アメリカの転職者の給与は7月に8.5%上昇

転職する女性

転職した人としない人の昇給の差は、ここ10年で最も広がっている。

Getty Images

  • 転職した人は、同じ職場にとどまる人よりも賃金上昇率が高い。
  • 転職者の給与の中央値は、ここ20年で最大の伸びを見せている。
  • 高騰するインフレの中で、賃金上昇は一部の労働者が生活していくための助けになっている。

大退職(Great Resignation)」あるいは「大改造(Great Reshuffl)」と呼ぶ人もいる時代に突入して1年以上がたち、多くのアメリカ人がより充実した、柔軟性の高い仕事を求めて、会社間を渡り歩き続けている。

少なくとも、彼らはよりよい給料を手にしている。

これはアトランタ連邦準備銀行による最新の調査からわかったことだ。この調査では、転職した人と転職しない人の昇給の差が過去10年で最も大きく開いたことがわかった。1つの仕事に留まっている人の年収の中央値の3カ月平均は7月時点で5.9%上昇し、6月の上昇率よりわずかに低かった。それに対して、最近転職して新しい仕事に就いた人は8.5%上昇し、6月の7.9%からさらに上がった。

調査によると、転職者にとってこれは過去20年で最大の上昇だという。

このデータは、歴史的なインフレがパンデミック期間中に労働者が得た賃金を相殺している最中に発表された。しかし、多くの低賃金労働者は雇用主が必死に人集めをしているおかげで、まだ物価上昇を上回ることができている。アメリカの雇用市場はここ数カ月でわずかに冷え込んできているが、それでも、アメリカ労働省労働統計局(BLS)によると7月に400万人以上のアメリカ人が退職している

ヘルスケア企業のChopra Globalで人事部長を務めるレスリー・ラバラバ(Lesley Labaraba)さんは、過去2年間で3つの仕事を渡り歩き、給料が39%上がったと3月にInsiderに語っている。Insiderは給与明細でこの数字を確認した。

彼女は年末のボーナスについて、2020年に辞めた職場では期待したよりも「かなり少なかった」と述べたが、現在の職場には満足しているという。

「団塊の世代の人々が労働市場から去り、Z世代で占められるようになると、時間を商品とみなすようになる」と彼女は述べた。職場で働く若い世代の人は、過去の世代の人よりも、自分の時間を大切にし、さらに正当な報酬を求めると思うと、彼女は説明した。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み