無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


リモート勤務で3カ月間スペインに「プチ海外移住」中の32歳CMO。1日の過ごし方や得られたものは?

マドリードを観光するニック・ジークロペスと母子

家族とともにマドリードを観光するニック・ジークロペス(中央)。

Courtesy of Nick Ziech-Lopez

ニック・ジークロペス(Nick Ziech-Lopez)は、子どもの頃からの夢だった海外生活を実現するには今しかないと確信していた。現在32歳のジークロペスには未就学児の娘がいるが、彼は今、妻とともにヨーロッパに「プチ移住」をするチャンスをつかんだのだ。

「子どもの頃、ミュージカル『パリのアメリカ人』を見て、自分もいつかヨーロッパに住むんだと想像したものです。今なら、期間限定ではあるけどそれができるなと思って」

ジークロペスはアトランタを拠点とするマーケティング・ソフトウェア会社EnablixのCMO(最高マーケティング責任者)を務めており、幸いなことに同社は「Work from Anywhere(どこからでも働ける)」制度を掲げている。

もともとはアメリカ東海岸のジョージア州で働いていたが、今彼はスペインの首都マドリードのアパートメントからリモートワーク勤務している。このマドリードでの3カ月の滞在は、本格的な移住に向けた「プチ実験」のつもりだ。

倍増するデジタルノマド

週末にスペイン・マラガのジブラルファロ城を観光する3人。

週末にスペイン・マラガのジブラルファロ城を観光する3人。

Courtesy of Nick Ziech-Lopez

多くの人にとって、ジークロペスの体験は夢のようなシナリオかもしれない。だが、新型コロナウイルス感染症が巻き起こしたリモートワーク革命を受けて、Spotify、Lyft、Airbnbなどさまざまな企業が「Work from Anywhere」制度を展開している。

「デジタルノマドビザ」を発給してまで旅行好きな人々を引きつけようとしている国もあるし、ヨーロッパの中には永住希望者向けの施策として、不動産を購入した移民に「ゴールデン・ビザ」を発給している国もある。

移住の理由は、純粋な冒険心から住宅価格の安さを求めるものまで、さまざまだ。バークシャー・ハサウェイ・ホームサービシズによると、ヨーロッパに住宅を購入したアメリカ人とカナダ人の数はこの夏時点ですでに増加が見られたという。

サザビーズ・インターナショナル・リアルティのレポートを引用する形でブルームバーグが報じたところでは、ギリシャ移住に関心を持つアメリカ人の数は前年比で40%も上昇したという。

また、ウォール・ストリート・ジャーナルが引用したMBOパートナーズ(MBO Partners)の調査では、デジタルノマドの数は2019年の700万人から2021年には1500万人と、2倍以上増えている。

今の家を引き払って海外に移住することを夢見るのは簡単でも、現実に実行して未知の世界に飛び込むのははるかに難しいものだ。そんなときには、実際に「Work from Anywhere」をやってみたジークロペスのマドリードでの滞在記録が参考になるだろう。

現地での1日の過ごし方、仕事とプライベートのバランス、この滞在でどんなことを得られたかなどを教えてもらった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular