無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ティム・クックとジョブズの最大の論争は、iPhoneの販売戦略についてだった

2010年のスティーブ・ジョブズ(右)とティム・クック(左)。

2010年のスティーブ・ジョブズ(右)とティム・クック(左)。

Kimberly White/Reuters

  • アップルのティム・クックCEOは、スティーブ・ジョブズとの最大の議論はiPhoneの販売に関することだったと語った。
  • 2人はiPhoneの販売方法について「補助金モデル」を取るか、あるいはジョブズが望んだ「レベニューシェア戦略」を取るか、発売の何年も前から議論していた。
  • アップルは当初ジョブズの案を採用したが、その後クックの案に変更し、iPhoneを成功に導いた。

アップル(Apple)のティム・クック(Tim Cook)CEOにとって、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)との最大の議論は、iPhoneの販売方法に関するものだったと語った。

クックは2022年9月7日に開催された年次会議「コード・カンファレンス」に、伝説的デザイナーのジョニー・アイヴ(Jony Ive)、ジョブズの妻であるローリーン・パウエル・ジョブス(Laurene Powell Jobs)、ジャーナリストのカラ・スウィッシャー(Kara Swisher)とともに出席し、アップルの未来を見据えていたジョブズについて語った。

ジョブズとの最大の論争は何だったのかとスウィッシャーに尋ねられたクックは、2007年のiPhone発売に先立つ販売戦略に関することだったと答えた。

クックは、AT&Tなどの携帯電話会社がアップルにiPhoneの代金の一部を先払いする「補助金モデル」を取りたいと考えていたという。この場合、携帯電話会社はその分をユーザーの月々の利用料で回収することになる。一方、ジョブズは携帯電話会社の月々の収入の一部を受け取る「レベニューシェア」という当時の業界のスタンダードではなかった方式を望んだ。

「彼のやり方はより創造的で、より変わったものだった」とクックはカンファレンスで述べている。

「私のやり方の方がより早くスケールアップできるはずだと、少なくとも私は強く感じていた。そのため我々はこのことについて、しばらくの間、かなり議論を重ねた」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み