無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ロシアの兵士は自転車を奪って逃げた」…ウクライナが奪還したハルキウ州の住民が証言

ウクライナのハリコフでウクライナ軍が捕獲したロシアの装甲車。

ウクライナのハリコフでウクライナ軍が捕獲したロシアの装甲車。

Anadolu Agency/Getty

  • ウクライナ軍が同国のハルキウ州でロシアから領土を奪還したと報道されている。
  • ワシントン・ポストフィナンシャル・タイムズは、ロシア兵はあらゆる方法を使って逃げ出そうとしたと伝えている。
  • あるロシア兵は自転車を盗み、他の兵士は地元の人に変装したという。

2022年9月11日の複数の報道によると、ウクライナがハルキウ州の数百平方kmの領土を奪還し、ロシア兵はライフルを捨て、地元民を装って村から逃亡したという。

ウクライナ軍は、西側諸国の強力な武器に支えられ、ハルキウ州の大部分を奪還した。

この地域の大部分は、2月に始まったロシア軍の最初の攻撃以来占領されており、ロシア軍はハルキウやキーウなどの主要都市から数kmの距離に迫っていた。

ロシア軍は油断していたと、ハルキウから60kmの小さな村、ザリズニチネの住民はワシントン・ポストに語っている。

地元住民のオレーナ・マトヴィエンコ(Olena Matvienko)さんがポスト紙に語ったところによると、ウクライナ軍の攻勢が始まって数時間で約半数が車で逃げ出した。見捨てられた残りのロシア兵はパニックになり、あらゆる手段で逃げようとしたという。

「ドローンに軍服姿を見られないよう、服を奪うために家に入ってきた」とマトヴィエンコさんは言う。

「自転車も奪われた。その鍵を渡すまで我々銃を向けていた」

マトヴィエンコさんはポスト紙に、兵士は「ライフルを地面に捨て」て、弾薬の木箱やトラックに積まれたロシア製戦車を含む車両も残していったと語った。

あわせて読みたい

Popular