無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


科学者が待ち望んでいたオリオン大星雲の最新詳細画像…ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が撮影

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えたオリオン大星雲。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えたオリオン大星雲。

NASA, ESA, CSA, PDRs4All ERS Team; image processing Olivier Berné.

  • オリオン大星雲の詳細な画像がジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によって撮影された。
  • 画像の作成にあたって18カ国から100人以上の科学者が参加したとAFP通信が報じている。
  • この星雲を研究することが、我々の太陽系の形成についての理解を深めることにつながるだろう。

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が捉えた新たな画像が公開された。それには地球から1350光年離れた星形成領域であるオリオン大星雲の壮大な姿が写し出されていた。

これらの画像は18カ国100人以上の科学者から成る国際的な研究チームによって2022年9月12日に公開されたAFP通信が報じている。オリオン座の方向にあるオリオン大星雲は、我々の太陽系が形成された45億年以上前の環境と似ている。

「オリオン大星雲の息をのむような画像に圧倒された。我々はこのプロジェクトを2017年に開始したので、これらのデータを得るために5年以上待っていたことになる」とプロジェクトを率いたウェスタン大学(カナダ)の天体物理学者エルス・ピーターズ(Els Peeters)は同大学が発表した声明で述べている。

「この新たな観測により、大質量星がどのようにしてガスやちりの雲を変化させて生まれてきたのか、より深く理解することができる」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み