無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ソニー「PlayStation VR2」最速実機レポ:2023年初頭発売、初代に比べ没入感が高まる

PS VR2

発売は2023年初頭となる「PlayStation VR2」。

撮影:西田宗千佳

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)が、2023年初頭に発売を予定しているVR用機器「PlayStation VR2」(以下、PS VR2)を、ひと足さきに体験取材してきた。

PS VR2はPlayStation 5(以下、PS5)に接続して使う周辺機器。前のモデルにあたる「PlayStation VR」発売は2016年11月なので、6年近くの時間を経ての新型となる。価格は未定。

6年の間に他のVR機器も進化したが、PS VR2の進化は他に勝るとも劣らない。初代モデルでの課題をほぼ解決し、今日的な品質で「ゲーム世界に没入できる」ものに仕上がっていた。

「視線」認識で設定が正確・かんたんに

側面

HMDにはプレイステーション・ロゴも。表面の黒い点はセンサー。

撮影:西田宗千佳

まず製品の詳細を解説しておきたい。

PS VR2は、冒頭で述べたようにPS5の周辺機器だ。いわゆるヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)と左右の手につける専用コントローラーのセットで構成されている。

コントローラー

コントローラーは左右の手に持つ。○と×ボタンが右手に、△と□ボタンが左手に来る。

撮影:西田宗千佳

利用にはPS5が必須になる。PS5とはUSB Type-Cケーブルで接続して使うが、初代PS VRと異なり、接続は本当に「ケーブル1本だけ」。他にセンサーの設置もない。

今回はあくまで「ゲームの体験に付随する部分」だけの取材だったので、詳細な機能解説はなかった。

だが、セッティングをしながらのプレイ体験からは、非常に興味深い部分が見えてきた。

PS VR2の使用セッティング編

まずは、自分がプレイするためのセッティングから。

HMDをかぶるわけだが、これはHMD全体とバンドがスライドする構造になっていて、非常にかんたんだ。内部には十分な空間があり、メガネをつけたままでもまったく問題なく快適だ。

欧米人の鼻の高さに合わせてあるので下から光がもれてしまう……ということもない。プレイ中の蒸し暑さも、初代PS VRや他のHMDと違って感じにくかった。

被ったところ

HMDをかぶってみた。重さもうまく分散していてズレることもない。メガネをつけたままでも全く問題なし。

HMDをかぶると、次にやるのが「目の位置の設定」だ。

HMDではレンズの光軸と瞳の位置が合うよう、位置合わせをするのが一般的だ。

多くの場合には、瞳孔間距離(IPD)という数字を目安にレンズを手作業で動かしたりして位置を合わせるのだが、正確に合わせるのは難しい。

内側

どのHMDでも、内側にある巨大なレンズと瞳の軸を合わせる必要がある。

撮影:西田宗千佳

そこで活用されるのが「視線認識機能」だ。

PS VR2には、ゲーム上の操作やCG描画の効率化に活用する目的から、瞳の位置と視線の方向を認識する機能が備わっている。

これを使うので、「目の位置」が正しいかを画面で見て把握できる。正しく位置は色と音で判断できるので、セッティングもかんたんだ。

瞳の位置調整

瞳の位置を認識。写真のようになっていればOK。

ダイヤル

瞳の間隔はこのダイヤルで調整する。

撮影:西田宗千佳

次に「視線認識」自体のキャリブレーション(基準調整、較正)もする。画面の中の点を目で追うだけ。見た方向をちゃんと認識してくれるのは、SF感があってかなりおもしろい。

視線方向

視線方向をちゃんと認識。画面に表示されている目の方向をちゃんと見ている。

自分の周囲も映像で確認可能

VRの場合、HMDをかぶってしまうと手元が見えなくなる、という欠点がある。だからコントローラーに持ち替えるのが大変だった。

だがPS VR2では「シースルー機能」が使える。HMDの右下に設けられたファンクションボタンを押すと、周囲の様子がモノクロ映像で表示される。HMDの中ではちゃんと立体に見えていて、違和感も少ない。

HMDには、自分がいる場所やコントローラーの位置を認識するイメージセンサーが搭載されているのだが、それを「カメラ」として活用することで外部が見えるようになっている、という仕組みだ。

同じような機能は「Meta Quest2」にもあるのだが、PS VR2の方が映像のゆがみがずっと少なく、周囲がすっきりと見える。なお、周囲を見る際の映像はカラーではなくモノクロというところもQuest2と同じだ。

周囲の風景

画面に映っている灰色の映像は、実際に自分から見えている「周囲の風景」。

実機視点

SIE提供の「シースルー時の映像」。実機の中からはこのように見える。

出典:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

周囲にある障害物や段差などは事前にセンサーを使って認識しており、「安全なプレイエリア」は自動的に設定される。

安全なプレイエリアの端まで移動すると空間上に檻のような線が表示されるので、どこまで動けるかはHMDをかぶったままでわかるようになっている。

境界線

安全な領域は「白い枠線」で表示され、それを超えると赤くなる。

出典:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

プレイエリアはほぼ自動で設定される。

出典:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

これらのセッティングはPS5のシステムソフトウエアに組み込まれていて、難しい部分はほとんどない。このカンタンさこそがPS VR2の特徴である。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み