無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ワークマンが2万円以下の家族向けテント。衣類よりキャンプ用品を売りたい理由

テント

ワークマンの新製品発表会では多くのテントが発表された。11月に発売するワンポールシェルター(税込1万7800円)。

撮影:横山耕太郎

ワークマンは9月14日、2022年秋冬の新製品発表会を開いた。

原材料費や輸送費の高騰と急激な円安のため、多くの企業が値上げを決めるなか、ワークマンはこの日、プライベートブランド(PB)の96%の商品について2023年8月まで価格を据え置くと発表した。

「ワークマンが値上げに踏み切るかどうか」が注目された新作発表会だったが、展示会場で特に目を引いたのはテントや日除けのタープなどのアウトドア用品だった。

ワークマンは2022年春に4900円(記事内の価格は全て税込み)の1人用テントを発売し、本格的にキャンプギア(キャンプ用品)市場に参入。この1人用テントはこれまでに4万点を売り上げたといい、ワークマン専務の土屋哲雄氏は「未確認ですが、ひょっとしたら日本で最も売れたテントではないか」と自信を見せる。

今回は1人用テントに加え、4人が宿泊できる家族向けのテントなど、約10の新作テントを発表した。

ワークマンはなぜ、ここまでキャンプ市場にこだわるのか?

撮影:山﨑拓実

4900円テントの新デザインも

テント

ワークマンのテントでは最も高価格となる「3ルームシェルター」(税込み2万7800円)

撮影:横山耕太郎

ワークマンが10月以降に新発売するテントは9商品。それぞれサイズや用途は異なるが、共通しているのが低価格という点だ。

最も安いテント「NEW BASIC ドームテント」は、春に発売したテントのデザインを変更したもので、価格は変わらず4900円。

最も高額なのは4人用の「耐久撥水 3ルームシェルター」で2万7800円だった。他にもテントの中心にポールを立てるタイプの「耐久撥水ワンポールシェルター」(1万7800円)、高機能な1人用テント「レジストツーリングテント」(9800円)など、一気に新商品を投下する。

他にもキャンプ用品としては、6800円〜1万2800円の値段帯の寝袋4種類や、2500円のチェアなどの新作も発売する。

「2023年度に100億売る」

土屋氏

初めて発売したテントの好調ぶりをアピールするワークマンの土屋専務。

撮影:横山耕太郎

キャンプギアにかけるワークマンの期待は大きい。

ワークマンによると、2022年度は「4900円テント」の成功でキャンプギア全体の販売達成額は40億円だった。それを来年2023年度には60億円、2年後の2024年度には100億円に拡大させると打ち上げた。

国内大手のキャンプギアメーカー・スノーピークは2022年12月期の売上予想は318億円で、まだまだ規模では及ばないものの、ワークマンの野心的な販売目標を達成し続ければ、キャンプギア市場での存在感は強まりそうだ。

「衣料への依存を減らしたい」

展示会

新製品発表会の会場には、いたるところに「価格据え置き。ただ、ホントはつらい…」と書かれたプレートが。

撮影:横山耕太郎

そもそもなぜ、ワークマンはキャンプギアに注目するのか?

この日、発表会の壇上に立った専務の土屋哲雄氏は、「衣料は価格競争が激しくてきつい。くつやキャンプギア、カバンなどの比率をもっと高めたい」と話した。

土屋氏は三井物産出身で、ワークマン再建の指揮をとったことで知られる人物だ。

「今はアパレルが絶好調ですが、5年後、10年後はどうなるのか分からない。経営を安定させるためには、衣料への依存を減らす必要がある」(土屋氏)

Business Insider Japanの取材に対し土屋氏は、ワークマンはもともと「作業服」という競合他社が少ない環境で成長してきたと話す。

「42年間競争しないでやってきた。競争しても100%負けるので、ワークマンらしい商品でなくてはいけない」

そこでワークマンが注目したのが、低価格・高機能という分野では競合が少ないキャンプギアなどの「アパレル以外の市場」だった。

キャンプギア市場でどのように「ワークマンらしさ」を打ち出して行くのか?

「燃えにくい素材や、虫除(よ)け性能のある素材など、自社開発の素材を使うことで差別化できる。素材開発には数千万単位の費用がかかりますから、自社で開発するメリットを、低価格の商品に活かせると思っています」(土屋氏)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み