無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ハインツなど800以上のブランドが「イギリス王室御用達」の認定を失った


ハインツのトマトケチャップ

ボトル上部に王室の紋章が見られるハインツのトマトケチャップ。

Education Images / Contributor

  • 食品メーカーのハインツ、スーパーマーケットのウェイトローズをはじめ、何百というブランドが、イギリス王室の紋章を使用した製品のデザインを変更しなければならない事態に陥っている。
  • これらのブランドは紋章を使用できる「イギリス王室御用達」として認められていたが、女王エリザベス2世の亡き後、それは無効となった。
  • 各ブランドは、チャールズ新国王のもとで、王室御用達であることを証明するため、再びロイヤルワラントホルダー協会に申請をしなければならない。

エリザベス女王亡き後、ハインツ(Heinz)や高級スーパーマーケットのウェイトローズ(Waitrose)などを含む800以上のイギリスのブランドが、製品のパッケージデザインを変更しなければならない事態になっている。

ロイヤルワラントホルダー協会(Royal Warrant Holders Association)によると、約875のブランドの製品にイギリス王室の紋章が描かれているが、現在は無効になっているという。ただし、同協会のウェブサイトによると「当該企業で大きな変化がない場合」は最長2年間イギリス王室の紋章を使い続けることができる。

今後はチャールズ3世が国王としてロイヤルワラントを審査し、許可する権限を持つことになる。

「Royal Warrant of Appointment」(王室へ商品・サービス提供するブランドが紋章使用を認める文書)を取得すれば、そのブランドは製品デザインにイギリス王室の紋章を使用できる。同協会のウェブサイトによると、企業や事業者がロイヤルワラントを申請する資格を得るには、「過去7年間のうち5年以上、イギリス王室に対して定期的かつ継続的に製品またはサービスを供給している」ことが条件だという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み