無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


エリザベス女王の国葬を20年かけて準備した男

2021年に海軍基地を訪れた際の女王エリザベス2世。

2021年に海軍基地を訪れた際の女王エリザベス2世。

Steve Parsons - WPA Pool / Getty Images

  • エリザベス女王の葬儀が9月19日、ウェストミンスター寺院で行われた。
  • 葬儀には、ロイヤルファミリーのほか、バイデン大統領など各国の要人が参列した。
  • 1人の公爵がこの葬儀に関する任務を与えられていた。その準備期間は20年の長きにわたるものだった。

イギリス現代史で最も大きな行事のひとつが、2022年9月19日に行われた。女王エリザベス2世の国葬だ。

9月8日に住居であるスコットランドのバルモラル城で96歳の生涯を静かに終えた女王に敬意を表するため、ウェストミンスター寺院には約2000人の参列者が訪れた。その中には、チャールズ国王、ウィリアム王子、ヘンリー王子などのロイヤルファミリーのほか、アメリカのジョー・バイデン大統領やカナダのジャスティン・トルドー首相などの世界の要人500人がいた。

だが、70年間在位した女王を称えるこの儀式をスムーズに進行することは簡単な仕事ではない。ザ・タイムズによると、その準備はある男が20年かけて、無報酬で行ったという。

議会に関する歴史家であるダニエル・ブリテン(Daniel Brittain)が同紙で紹介したように、女王エリザベス2世の葬儀に関する計画の責任者は、2002年に爵位を継承した第18代ノーフォーク公爵、エドワード・フィッツアラン=ハワード(Edward Fitzalan-Howard)だ。

ブリテンとのインタビューで65歳のフィッツアラン=ハワードは、国葬の準備は「とても怖いもの」だが、乗り越えていこうと思っていると語っていた。

チャールズ三世の正式宣言における第18代ノーフォーク公爵。

チャールズ3世の即位宣言式での第18代ノーフォーク公爵、エドワード・フィッツアラン=ハワード。

Lorriman - WPA Pool / Getty Images

フィッツアラン=ハワードは王室の式典を取り仕切る血筋を受け継いでいる。ブリテンによると1672年以来、王室の国葬や即位式を準備してきた一族の子孫だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み