無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


エリザベス女王の国葬を20年かけて準備した男

↩︎記事に戻る
< 2 / 2

チャールズ三世の正式宣言における第18代ノーフォーク公爵。

チャールズ3世の即位宣言式での第18代ノーフォーク公爵、エドワード・フィッツアラン=ハワード。

Lorriman - WPA Pool / Getty Images

エリザベス女王の葬儀が9月19日、ウェストミンスター寺院で行われた。葬儀には、ロイヤルファミリーのほか、バイデン大統領など各国の要人が参列した。1人の公爵がこの葬儀に関する任務を与えられていた。その準備期間は20年の長きにわたるものだった。イギリス現代史で最も大きな行事のひとつが、2022年9月1…[続きを読む]

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み