無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーサリアムの「マージ」完了、ETHは9%下落…投資家は供給の適正化による価格回復に期待

Vitalik Buterin

イーサリアムの共同創設者、ヴィタリック・ブテリン。

Michael Ciaglo/Getty Images

  • イーサリアムが「マージ 」を完了した後、イーサ(ETH)の価格は9%も暴落した。
  • 「マージ」によってイーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行し、ブロックチェーン全体の効率が高まった。
  • それによってマイニング報酬は90%削減され、1日あたりわずか1600ETHになった。

待望のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)モデルへの「マージ」完了を受け、仮想通貨イーサ(ETH)の価格は2022年9月15日に9%も暴落した。

「完了した!」

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)は、アメリカ東部時間午前3時前のツイートでこう述べている

「ハッピーマージ・オール。これはイーサリアム(Ethereum)のエコシステムにとって大きな瞬間だ。マージの実現に貢献した皆さんはとても誇らしい気持ちになるだろう」

7年近くかけて行われたこのアップデートは、イーサリアム・ブロックチェーンをビットコイン(BTC)のマイニングシステムに似たコンピュータが報酬のために多くの計算力を必要とする複雑な方程式を解くプルーフ・オブ・ワーク(Pow)モデルから、エネルギー効率がよく、高速なものに移行させた。

イーサリアム財団によると、マージが完了したことで、1日のイーサの新規供給量は90%減少するという。マージ前は、毎日約13000ETHが新たにマイニングされていた。現在、ステーク報酬は1日あたりわずか1600ETHとなり、実質的に増加はゼロだ。

「平均ガス価格が16Gwei(1Gwei = 0.000000001ETH)のであれば、毎日少なくとも1600エーテルが燃やされ、マージ後のETHの増加は事実上ゼロ以下になる」とイーサリアムのウェブページには書かれている。

仮想通貨(暗号資産)の供給を制限することは、イーサリアムのブロックチェーンに希少性をもたらし、需要が安定すれば価格を上昇させるのに役立つという見方がある。しかし、ビットコインが過去最高値から70%以上暴落して以来、仮想通貨に対する需要も暴落している。

タカ派の連邦準備制度理事会(FRB)、高いインフレ率、迅速かつ積極的な利上げの組み合わせによって、投資家が魅力的なバリュエーションでキャッシュフローに結びついた安全な投資先を選ぶようになり、株式と仮想通貨という2つのリスク資産を大幅に下落させている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み