無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


パタゴニアの創業者は元ロッククライマー…車で生活して、ネコ缶を食べることもあった


イヴォン・シュイナード

約30億ドルの価値があるパタゴニアの全株式を非営利団体に移管すると発表した、創業者のイヴォン・シュイナード。

Getty Images

  • パタゴニアの創業者、イヴォン・シュイナードは携帯電話もコンピューターも持っていないとニューヨーク・タイムズが報じている。
  • シュイナードは1960年代、プロのロッククライマーとして車中生活を送り、キャットフードを食べていたという。
  • 83歳のシュイナードは約30億ドルの価値があるパタゴニアをトラストと非営利団体に譲渡しようとしている。

パタゴニア(Patagonia)の創業者はこのアウトドア・アパレルの小売企業をトラストと非営利団体に譲渡する予定だ。彼はかつて車で生活したことがあり、今も携帯電話を持っていないとニューヨーク・タイムズ(NYT)は報じている。

イヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)は、1973年にパタゴニアを創業する前はカリフォルニア州ヨセミテ渓谷でプロのロッククライマーとして活動していたという。NYTによると、彼はかつて車で生活しており、1個0.05ドルの缶入りキャットフードを食べていたという。

83歳のシュイナードは、「ごみ箱に潜り込み、炭酸飲料の瓶を換金することでガソリン代をまかなっていた」と、2005年に出版した著書『社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論(原題:Let My People Go Surfing)』(日本語版は2007年刊行)の中で書いている。

フォーブス(Forbes)によると、シュイナードは1年のうち6カ月以上は北米やヨーロッパのアルプス地方を旅し、ジリス(地上で生活するリス)を捕まえて食べ、時には1日わずか0.5ドルで生活していたと書いている。

フォーブスによると、彼はこの間、自分の車でクライミング・ギアを売って生計を立てていた。その後、ジャージや手袋、帽子、短パンなどの輸入販売を開始したという。

現在のパタゴニアの年間売上高は10億ドル(約1432億円)以上、利益は約1億ドル(143億円)とNYTは報じている。同社の評価額は約30億ドル(約4300億円) だ。

NYTによると、シュイナードは今でも古着を身に着け、古いスバルを運転し、カリフォルニアとワイオミングに質素な家を2軒所有しているだけで、コンピューターも携帯電話も持っていないという。

「フォーブスに億万長者として掲載され、本当に、本当に腹が立った」とシュイナードはNYTに語っている。

「私は銀行に10億ドル(約1432億円)も預けていない。レクサスにも乗っていない」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み