無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


なぜ「民主主義」が機能しないのか? LIXILのCEO解任騒動に見るガバナンス不全組織の病巣【入山章栄・音声付】

サムネ

Issei Kato/Reuters

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても平易に読み通せます。

2019年のLIXILの株主総会。偽計により解任されたCEOが、勝つ見込みはほぼないと見られていた状況で逆転勝利を収めた一件は、いまだ多くの人が記憶しているはずです。今回はこのケースから、日本企業におけるコーポレートガバナンスの課題をあぶり出します。

【音声版の試聴はこちら】(再生時間:10分11秒)※クリックすると音声が流れます


コーポレートガバナンスはどこまで機能するのか

こんにちは、入山章栄です。

僕はこの連載でコーポレートガバナンスの重要性をよく説きますが、今回はそのケーススタディとなるような実例を取り上げたいと思います。


ライター・長山

ライター・長山

入山先生、私は最近『決戦! 株主総会——ドキュメント LIXIL死闘の8ヵ月』(秋場大輔著)という本を読みまして、これがめちゃめちゃ面白かったんです。住宅設備機器メーカーLIXIL(リクシル)の2019年の株主総会における攻防を描いたノンフィクションです。この事件は新聞などでも報道されたので入山先生もご存じですよね。


はい、興味深く見ておりました。

そもそもLIXILは、トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアが統合してできた会社ですよね。このいろいろな会社をまとめるためにもプロ経営者を呼んでこようということになり、最初に呼ばれたのが藤森義明さん。その次が瀬戸欣也さんでしたね。


ライター・長山

ライター・長山

はい。でもその瀬戸さんを、トステムの創業家出身である取締役の潮田洋一郎さんが追い出します。でも瀬戸さんは泣き寝入りせずに戦いを挑み、株主提案が可決されることはほとんどないと言われる株主総会で勝利を収めCEOに復帰します。

そもそもなぜ株を3%しか持っていない潮田さんが瀬戸さんを辞めさせることができたかというと、この本によると、潮田さんが二枚舌を使ったんです。瀬戸さんには「指名委員会が君を辞めさせると決定した」と言い、指名委員会には「瀬戸さんがCEOを辞めたいと言っている」と嘘をついて、瀬戸さんをいったん退任に追い込んだ。


ほんとにすごい話ですよね。


ライター・長山

ライター・長山

びっくりしますよね。でも嘘をついたときの録音があるわけではないから、証拠もない。「瀬戸さんには業績不振の責任をとって辞めてもらったまでだ」と言われれば、納得しそうになります。

社外取締役の人たちも、いつも会社にいるわけではないから、社内の詳しい事情は分からない。だからある人が悪意をもって嘘をついたら、それを信じてしまうかもしれません。

LIXILの場合は瀬戸さんがあきらめずに戦ってCEOに復帰しましたが、こんな会社は他にもたくさんあるのではないでしょうか。

入山先生はこの事例から、どんなことをお考えになりますか?


この事例にはいろいろな論点がありますが、今回は次の2点についてお話ししましょう。

第一に、「なぜ、創業家出身の潮田さんは株を3%しか持っていないのに、こんなにやりたい放題できたのか」という点について。

第二に、「社外取締役はしょせん外の人間だから、いざというときのストッパーを果たせないのではないか」という批判についてです。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み