無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


BMWのSUV型電気自動車「iX3」はテスラ「Model Y」と何が違うか(試乗レビュー)

BMW_iX3_i4-12

BMWの電気自動車SUV「iX3」。人気車種X3をベースにEV化したモデルになる。

撮影:山﨑拓実

テスラの新型SUV「Model Y」が日本に上陸し、EV(電気自動車)への熱が高まるなかで、伝統的な自動車メーカーはどんなクルマづくりで勝負しているのか。

今回、BMWの人気車種である“SUV(スポーツ用多目的車)スタイル”のEV「iX3」、そして同じくEVではあるが背の低いクーペボディーを採用する「i4」を立て続けに試乗した。

その感触を、Model Yなどと比べながら、動画も交えてレポートしていきたい。

「iX3」の存在感。プレミアムクラスの「SUV」をEV化するとこうなる

BMW_iX3_i4-11

iX3の室内。ごく一般的な自動車っぽいという点では、テスラModel Yや日産アリア、ヒョンデIONIQ5などとは立ち位置の違いを感じる。

撮影:山﨑拓実

BMWは言わずとしれた、ドイツのプレミアムセグメントの自動車メーカー。

その車種の中でも、ミドルクラスSUVにあたる「X3」シリーズをベースにEV化したのが「iX3」だ。国内では2021年11月から販売が始まっている。

乗車してすぐに気づくのは、SUVらしい車高の高さと、それによる目線(アイポイント)の高さだ。これは、ベースになったBMWの人気車種「X3」ゆずりのポジションだ。

目線が高いおかげで、公道に出て走り始めた瞬間から、前走車がいても圧迫感をあまり感じない、気持ちの余裕があるような印象がある。

ただし、モーターは後輪のみを駆動するので、いわゆるクロスカントリー的な悪路走行はそこまで想定していないとも言える。あくまで、よくできた「都市向けSUVのパッケージをEV化した」ということになる。

BMW_iX3_i4-02

背後から。人と対比すると、車両のボリューム感がわかりやすい。

撮影:山﨑拓実

BMW_iX3_i4-01

トランクルーム。SUVだけに収納スペースはかなり大きく、シートを立てた状態で510Lの容量がある。

撮影:山﨑拓実

ちなみに、カタログ上は、全高1670mm。このサイズは、Model Yと比べて46mm、つまり5センチほど高い。

ボディー側面の力強いラインを描く曲面などから、大きなクルマの印象があるが、全幅は意外やModel Yよりやや小さい1890mm(Model Yはミラー含まずで1921mm)だ。

BMWのなかでは、中級の「ミドルクラス」とはいえ、価格は862万円。上級グレードにあたる「M Sport」1モデルのみでの展開になる。

車内の室内空間のあしらいは、シンプルを追求したModel Yは当然として、日産アリアなどと比べても、明らかに1つ上のクラスという印象がある。おもてなし感の上質さは一枚上手だ。

BMW_iX3_i4-05

シフトレバーの側面がブルーになっているのがEVの証。

撮影:山﨑拓実


BMW_iX3_i4-06

EVとはいえ、ベース車両が売れ筋の「X3」ということで、内装の雰囲気は過剰にハイテク感を強調した印象はない。

撮影:山﨑拓実

BMW_iX3_i4-07

定番のQi対応充電器をカップホルダーの前側に搭載。iPhoneなどを充電しながら置いておける。

撮影:山﨑拓実

例えば、段差を乗り越えた時の心地よい揺れ方、ハンドルを切ったときの精密機械のような感触など、細部までイイもの感を演出する神経が行き届いている感覚がある。

1充電あたりの走行可能距離は460km(WLTP)と、必要十分な実用性も確保している。

同じSUVタイプとはいえ、Model Yとはかなり性格が違う車両というのが、高速道路を中心に乗った印象だ。

iX3は、普通の流れに合わせて走っている限りは、ゆったりと重厚な感触で走る。心地よくドライビングしながらも、どこか移動のなかにリラックス感がある。

常に、ハイテクさを感じながら運転する(これはこれで楽しい)Model Yとは対照的で、エンジン音が聞こえないという点以外は、EVであることをまったく意識させない。

BMW_iX3_i4-03

後席の広さは、セダン(クーペ)タイプと比べると圧倒的に広く、ゆとりがある。

撮影:山﨑拓実

BMW_iX3_i4-04

グラスルーフは前半分を開くこともできる。開放感はなかなかのものだった。

撮影:山﨑拓実

ただ1点、EVのメリットを強く感じたのは、追い越し加速のためにアクセルを踏み込んだときだ。

通常なら、エンジンがある程度うなりをあげて加速していくところだが、EVなので無音のまま、3リッター程度のガソリン車相当かという400Nmのトルクが瞬時に立ち上がってくる。

2.2トンの車重が、アクセルを深く踏んだ時だけ、1〜2割軽くなったかのような、軽やかな加速と俊敏な動きをするのは、試乗のなかでも非常に印象的なことだった。

ゆったりした乗り味と、ある種のスポーティーさ、そして行き届いたおもてなし感を兼ね備えているのが、iX3の独特の個性だと感じる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み